アリス・イン・ワンダーランドを観た

ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドをブルーレイで観た。

さすがティム・バートンというべきか、ディズニーのスタッフも協力しただろうがこの手のファンタジー世界を描かせたら今のところ右にでるものはいないのではないだろうか。基本的にファンタジー世界を描くのは実写よりアニメの方が表現力が勝っていると思っている私も、ティムバートン監督の映像美には納得させられざるを得ない。

ただこの映画の主演は知名度からジョニー・デップとなっているが、今作では彼の演技は特に活きていないような気がする。ティム・バートンとジョニー・デップのコンビなら売れるだろうという感じで配役が決まった感じがして、マッドハッターがジョニー・デップである必要性が感じられないのが残念な所だ。彼の個性的な演技は、もうちょっと別の形で見たいと思う。

さらに残念なところは、主役ともいうべきアリスが成長して19歳になっている所だ。この作品的にはあえてそうしたのだと思うが、きっと原作者のルイス・キャロルは成長したアリスなど認めないだろう。ちなみにルイス・キャロルことチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンは性的嗜好については議論の余地があるが、ともかく「幼い少女がとても好き」な人物で、ヌードを含む多数の少女の写真を撮影して写真家としても後世に影響力を及ぼした人物である。そして “不思議の国のアリス” はそんなドジソンが仲良くしていたリデル一家の三姉妹の次女、アリス・プレザンス・リデル(10歳)をモデルにして彼女達に即興で語って聞かせた話がもとになっている。

アリスは幻想世界の少女でなければならないのだ。しかし今作ではアリスが19歳である事によって、幻想の世界は打ち壊されて現実の世界が幻想に勝る結末を迎える。精神的にも大人になったアリスは、現実に向き合い現実世界での新しい冒険に出る所でストーリーは終わっている。なんてありがちな結末!なんてどうでもいいハッピーエンド! さすがディズニー、原作の世界観をぶち壊す事にかけては並ぶものはいない!!

まあ残念ながらハリウッドの限界が見えた作品だとも思う。せっかく素晴らしい技術力で幻想の世界をスクリーンに再現するというのに、幻想のなんたるかを理解せず大人の現実世界をわざわざ持ち込む意味が解らない。行動的な女性を主役にした物語を描きたかったら他の作品でやればいいのだ。どうせ終わりはどれも同じような感じになるのだから。

カウボーイビバップを観た

久しぶりにカウボーイビバップを観た。

もう何度観たか解らないけど、何度観ても面白い。自分は探偵物語の世代じゃないけど、この手の少し柔らかめのハードボイルドは大好きだ。昔のルパンとかもいいよね。作中に流れる音楽もまたいい、ちょっとありがちすぎるけどそれがかえって解りやすい。

登場キャラクター達もいい味だしてる。ちょっとハードボイルドっぽいんだけど、どこか抜けていて憎めない。それぞれに重い過去を持っていて、それぞれにシリアスパートがある。ただスパイクのシリアス話が多すぎかなとは思ったな、この手の話はたまにシリアスを絡めるからいいのであって、2話構成のシリアスを何度もやられると食あたりを起こす。

もう結構昔の作品だから続編ってわけにはいかないけど、またこういう作品を作ってくれないものかなあ。

松本人志 遺書を読んだ

1994年の発表というから今から約15年、ダウンタウンが人気の絶頂だった頃の作品だと思う。

松本がお笑いの一時代を築いた天才の一人である事は間違いでは無いと思うが、やはりこの頃と比べると今の松本はピークを過ぎた感じがしてならない。もちろん他のどうでもいい芸人に比べればマシだが、松本にはベテラン芸人としての円熟みたいなものをして欲しくないような気がする。ぶっちゃけ今の松本は芸人というより、ベテランタレントと言った方がしっくりくる。別に漫才をやれとはいわないが、もはや若手ともいえない後輩芸人に囲まれて笑いの空気を作ってもらってる感じがする。この本で言う所の「笑わせる芸人」ではなく、「笑いの空気を作ってもらってる芸人」だ。もちろんそういう人間関係も含めての松本人志というならそれでも良いが、たぶんかつての松本が自認していた芸人の形ってそういうものじゃあないと思う。

この本の中で松本が褒めている志村けんについてもそうだが、ピークを過ぎて円熟期に入っているお笑い芸人は、ある意味において非情に貴重な存在だが同時に絶頂期の残りカスみたいな存在でもある。これはスポーツ選手でも同様で、ピークを過ぎて監督や解説者として活躍する人もいるけど、それはすでに現役ではないのと同じだ。松本も志村も現役でお笑いに携わっていはいるが、「笑いの天才」としては既に現役ではない。これは別に二人に対する侮辱ではなく、どんな天才でもピークを過ぎれば後は下に落ちるだけだと思う。映画なんか撮ったりしてるのも何かの迷いというか試行錯誤なんだろうか。結局は他人の人生なので松本の好きにすれば良いのだが、個人的には絶頂期の松本に匹敵する新人が早く現れて欲しいと思う。天才の代わりは残りカスの本人ではなく、別の天才にしか勤まらない。

チャーリーとチョコレート工場を観た

DVDでチャーリーとチョコレート工場を観た。

なんというかティム・バートンらしい映画だと思った。しかしこの映画には “チョコレート工場の秘密” という原作児童文学小説があるらしい。

そして児童文学らしく解りやすい、良い子はとても良い子で悪い子はとても悪い子。それぞれの運命も、良い子は幸せになって悪い子は不幸になる。ハリーポッターの時にも思ったが、日本の児童文学には無い良く言えば解りやすく悪く言えば非情な勧善懲悪のパターンが西洋の児童文学にはある。しかしこの手のストーリーを教育的な観点から見るのは間違いで、解りやすさが面白さを生んでいるのだと思う、それ以上でもそれ以下でもない。実際には時代劇にもあるように、日本人も解りやすい物語が好きなはずだが、最近の子供向けの作品はやたら小難しく高尚な作品のように思える。

あと映画を観ている時にはCGだと思っていた膨大なチョコレートが、実物だと知って大変驚いた。あれだけ大量のチョコレートを用意するのはとても大変だっただろう。実際撮影の途中から腐り始めたらしく、異臭が強烈だったらしい。この辺も日本の作品だと食べ物を粗末にするなとクレームが付くところかも知れない。そういう考え方自体には賛同するが、創作する側がそれを気にする必要は無いと思う。そういうのを観て不快になる人は、観なければいいだけだ。

その他にもCGだと思っていたクルミを割るリス達も、実際に訓練された生きたリスらしい。さすがに少女に群がって穴に落とすシーンはCGだと思うが、それでも驚かされた。ただチョコレートもリスも創作者のこだわりとしては有りだと思うが、観ている方はまったく区別が付かないので、ちょっと自己満足的な感じもする。せめてこうやって話のネタになるくらいか。そういうのも含めてエンターテイメントと言うならば、良作だと思う。

みなみけ べつばら を観た

前回に引き続き みなみけ べつばら を観た。

まあ無難にまとまっていると思う、わざわざOADにする必要があったかどうかは疑問だけど。最近講談社の漫画でアニメDVD付属の単行本が増えているけど、実際売れているんだろうか? 最初はものめずらしさから買うけど、講談社のOADつき単行本高いしアニメ一本だけ見てもあんまり嬉しくない。なんとなく古本に売りにくいってのもあるかもね。あとは書店で流通させる事によって販売本数を稼げるってのもあるかも、もともとDVDも単行本も素材の原価は安いんだから売れ残って返品されても問題はあまりないわけだ。いろいろ調べるとアニメDVDの流通の問題とかもあるらしい、簡単にいうと原作サイドが独自に書店で流通させると儲けが大きいってわけだ。さすが日本流というかなんと言うか、いろいろとしがらみが多いんだなあ。

みなみけ おかえり を観た

前回に引き続き みなみけ おかえり を観た。

第二期に比べると原作に近くなったというか、ほのぼのホームコメディに戻ったような気がする。製作会社は二期と同じだが、彩色や演出は一期に近くなったと思う。もしかしたら二期の評判があまりよくなかったのかも知れない。エピソードもほとんど原作準拠で無難にまとまったという感じ。それはそれで面白みがないが、二期のように不可解な演出をされるよりはいいかも知れない。

そして私がもっとも期待していた冬馬の甘やかされ妹っぷりがいかんなく発揮されていて、その点は大満足。マコちゃんの出番が減ったのもあって単なる男装キャラとしてではなく、男兄弟の中の末の妹としてのわがままな感じがよく出ていてよかった。藤岡との絡みでの男っぽさと、兄貴にプリン食べられたくらいで泣きながら怒る幼さの良いバランスが冬馬の魅力だ。もともと冬馬の男っぽさは、精神的な幼さが生み出すものだと思うので、兄貴たちが出てこないと冬馬の可愛らしさはひきたたない。原作者が女性だからだろうか、よくある萌えキャラのようなわざとらしい妹には無い魅力が冬馬にはある。

みなみけ おかわり を観た

前回に引き続き みなみけ おかわり を観た。

単なるプレーヤーの設定の可能性もあるが、第一期と比べて色彩が変わったような気がする。一期はわずかに淡い感じの色合いだったのが、二期では原色に近いというか赤みがかってるというか、少々ドギツい印象を受ける。もしかしたら製作会社が変わったのが原因かも知れない。そしてどことなく塗りが雑のように感じる。いままでアニメを観ていて作画が気になった事はあまりないが、連続して観たからかやはり違和感を感じた。

ストーリーは原作にないオリジナルが多かったように思える。特にオリジナルキャラであるフユキが必要だったのかどうか疑問だ。他には主要キャラ以外が黒いシルエットで描かれるなどしていて、一期のほのぼのとした雰囲気が感じられないナンセンスギャグアニメという感じになっている。その割にお色気を中心としたサービスシーンが多く、マコトの女装ネタも多かった。私自身は原作に忠実なアニメより、アニメならではの演出を加えた方が好きなんだけど、今作に限っては製作側が何を意図していたのか解らなかった。

期待していた冬馬の出番はぼちぼちといった所だが、原作エピソードが少なくてやはり脇役程度の扱いでしかなかった。女の子らしい仕草をしたりもしたけど、兄貴達の出番がなかったために冬馬の甘やかされ妹っぷりがまったく無かったのが残念。結局マコトの女装ネタに対する、男装ネタのキャラ程度という扱いなのだろう。第三期ではぜひ冬馬の可愛らしさの真骨頂である、甘やかされ妹っぷりを上手く描いて欲しいものだと思う。

みなみけを観た

みなみけの第一期アニメを観た。

原作の漫画は以前から読んでるけど、アニメを観るのははじめてだ。まったりとした世界観が良い感じ。そういえば第一期の製作会社は苺ましまろと同じ童夢なんだね。

かといって苺ましまろのようにロリ萌えってわけじゃない。三女の千秋をはじめとして小学生の女児はたくさんでてくるけど、それで萌えるかっていうとそうでもない。萌えアニメっていうよりは、サザエさんとかコボちゃんとかのホームコメディを観ているような感じだ。

マコちゃんは女の子の服を着ると女の子にしか見えないけど、実は男の子。別に男の娘ってわけじゃないけど見た目だけならマコちゃんが一番かわいい、萌えないけど。

萌えるという意味では逆に男っぽい女の子の冬馬が一番萌えるかな。第一期では後半になるまで出番がなかったのが残念だけど、原作では後半になるにしたがって出番が増えていくので第二期では出番が増える事を願う。

うーん、やっぱりこれももっと早くに観ておくべきだったなあ。原作読んでるから別にいいやと思って後まわしにしていた。

シザーハンズを観た

かなり以前に観た事があるが、久しぶりにシザーハンズを観た。

人造人間というアイデアはフランケンシュタインの怪物の影響だと思うんだけど、両手がはさみって発想がすごいと思う。何気にこの映画の前にフランケンウィニーっていうフランケンシュタインをモチーフにした映画を撮っているから、その時からこの作品の構想はあったんだろうか。

あとは主演のジョニー・デップが若い。監督のティム・バートンいわく「箸にも棒にもかからない程に下手な役者」であると同時に、「自分の枠を突き破ろうとする意欲のある役者」だったらしい。

画像はエドワードが植木を刈り込んで人の形を作ってるところだが、野暮な事を言えば足元まで葉が生える植木は無い。ファンタジー作品でこういう所に突っ込みを入れるのはよくないのだが、やはりどうしても気になってしまった。ファンタジー作品は夢を見させてくれるものだと思うのだが、大人になるとちょっとした事が気になって夢から覚めてしまうのはとても残念に思う。

キミキス various heroines を読んだ

ゲームの方はやった事ないんだけど、東雲太郎の描いた漫画を読んだ。

とりあえず女の子はみんなかわいらしいが、ロリコンで妹萌えな自分は菜々とのエピソードが短いのが残念だった。でも番外編的な漫画で菜々が友達の女の子とキスの練習をするシーンはなかなかだったかな。

あとはとにかくキスのシーンがエロい。そんなキスするくらいならセックスしちゃえばいいのにって気がする程にエロい。プラトニックな意味でのキスじゃなくて、肉欲的なキスだね。

ゲームをやった人はもっと感情移入して読めるんだろうけど、ゲームやった事ないからストーリーが短くてエロいキスシーン以外残らない感じだったのが残念。あとは妹の奈々が気に入ったくらい。