日清 カップヌードル ベジータを食べた感想 まったく期待せずに食べたら思っていた以上にアリ!

日清食品の カップヌードル ベジータ を食べたみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
日清 カップヌードル ベジータ @ 楽天市場

「ベジータという名前とパッケージのイラストから想像するに、どうせスープはうす味でそこにほんのちょっと野菜の具がのっかった健康志向系のカップヌードルなんだろ? こっちはがっつり濃い味で健康に悪そうなもの食べたいからカップラーメン食ってんだ! そこを勘違いするんじゃねえ!!」

と正直あまり期待せず、というかスキあらば批判してやろうと思いながら食べてみたら、これが意外とイケた。

味に関しては食前の予想と変わらず、薄いコンソメ味のスープに、普通のカップヌードルの麺、そしてフリーズドライでくたくたになったキャベツを中心とした野菜の具が少々多めに入っているだけである。それなのに美味いと感じてしまった理由は、自分が想像していた以上にあっさりとした食べ物を体が求めていたという事か。もう年だからね。

あっさりスープで食べる麺は少々もの足りない気がするが、くたくたになったフリーズドライのキャベツがなかなか美味しい。そして何より麺を食べて残ったスープがこれまた飲むスープとしてちょうど良いのだ。カロリーは麺と具とスープを全部あわせて 305kcal、塩分が 1.4g とカップラーメンにしてはヘルシー。普段健康と美容に気をつかってインスタントラーメンを食べないという人にはありがたい商品だろう。

問題はこの商品を今後も買うかどうかなのだが、私の場合はやっぱりこってりしたものを食べたい時にインスタントラーメンを買う傾向にあるので買わないと思う。

だが家族の健康を気づかうお母さんが、受験生のお子さんの夜食用にまとめ買いするとかだとかなり需要がありそうな感じである。

サッポロ一番 頂 トムヤムラーメンを食べた感想 日本人好みの味かもだけど「コレジャナイ感」が大きい

サンヨー食品のインスタントラーメン、サッポロ一番 頂 トムヤムラーメンを食べてみた。

マルちゃん正麺に始まる、生麺タイプのインスタントラーメンの競争も佳境を迎えたのか、肝心の麺を美味しくする事よりも「いかに珍しい味を出すか」に各メーカーの力点が移ってきているような気がする。それはそれで消費者としても面白いインスタントラーメンが食べられるなら大歓迎という事で、早速こちらのトムヤムラーメンも買って食べてみる事にしたのだが…

「トムヤム」と名乗るからにはまずスープが大事だろうと一口飲んで見ると、ハンパないコレジャナイ感。タイの味覚は「甘い・辛い・酸っぱい」の3種が絶妙なハーモニーを奏でてこそ美味しくなると言うのに、こちらのスープは「辛い」と「甘い」の2種類の味しかしない。

「トムヤムだからとりあえず辛くしておこう、あんまり辛いと日本人には合わないからココナッツミルクで甘くしておこう」という安易な考えが透けてみえる。日本人の味覚に合わせて辛さを抑えるのは許せても、「酸味」がほとんど感じられない点には我慢できない。さらにナンプラーやパクチーなどの、日本人の一部に大変ウケの悪いタイ料理独特の香りもまったくしない。日本人の味覚に媚びすぎていて、すごくつまらない味になってしまっているのだ。

次に麺だが、こちらもやはり「コレジャナイ」。アマゾンの商品ページに私とまったく同意見のレビューがあって思わず笑ってしまったが、東南アジア系のラーメンにコシとか必要ない。本場タイのインスタントラーメン yumyum ヤムヤム トムヤムシュリンプ味 の様に、チープな麺にチープな味、しかし「甘い・辛い・酸っぱい」の3種だけははっきりと自己主張しているというのが美味しいのだ。

まあ好みは人それぞれだし色々な味覚に挑戦してみようという気概だけは買うが、トムヤムクンの再現度で言うなら以前食べた 日清カップヌードル トムヤムクンヌードル の方がはるかに高かったし美味しかったと思う。

カルビー ポテトチップス これって? 大トロ味を食べた感想 だいたい予想どおりの味、面白いけど過度な期待は禁物

カルビーのポテトチップス 「これって? 大トロ味」を食べてみた。

ポテトチップスに大トロって合うのか?と一瞬思うが、厳密には大トロ味ではない。醤油とアボカドとわさびを組み合わせると大トロの味になるという例のアレをポテトチップスでやってみようという、発想そのものには目新しさはないもののなかなか面白い試みである。

実際にアボカドにわさび醤油をかけて食べてみた事がある人は解ると思うが、ぶっちゃけ大トロの味はまったくしない。しょうゆ味のポテトチップスより濃い醤油の味と、ほんのりわさびの味がするくらいで、トロどころかアボカドの味もほとんどしない。というか元々アボカドは脂ののったトロの柔らかな食感を再現するのが役目であって、アボカドの果肉の味がトロの脂の味に近いわけじゃないのだ。

美味いかまずいかで言えば、まずくはないけど決して美味くはない。醤油の味が濃すぎて1袋食べたら舌がぴりぴりする。話のネタとしては面白いけど、絶対に人気商品にはならないと断言できる。

もともと2015年07月06日から2015年08月中旬までの期間限定商品みたいなので、興味のある人は早めに買って食べた方が良いだろう。

DMMモバイルの格安SIMを使った感想 トータルの月額料金が安いっていいよね!

このたび、ドコモのガラケーからMVNOの格安SIM+格安スマホにランクチェンジしたのでその報告。

私が選んだのは DMM mobile 通話SIMプラン 1GB、現時点で月額1,260円(税抜き)である。毎月1GB分の高速通信ができ、音声通話の発着信もできる。

DMM mobile を選んだ理由は何よりもまず月額料金の安さにある。MVNOは価格競争が激化しており、最安値を探そうと思えば他社の方が安い事もあるが、DMM は可能な限り他社の価格に追随する姿勢を見せていて、月額料金が最安値から大きくはずれる事がない。通話可能なSIMはどこも1年程度の最低利用期間を設けており、途中で解約すると違約金を払う事になるからMVNOの契約は慎重に選びたい。

通信速度については「よくわからない」。DMM は下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信と、最大200Kbpsの低速通信を切り替えて使えるのだが、私の場合ずっと200kbpsに固定して不満がないからだ。これにはDMM独自の「バーストモード」が関係しているのかも知れない。

バーストモードとは、200Kbpsの低速通信時でも最初の3秒間だけは高速通信をしてくれるというもので、これによってウェブ閲覧時などのページ読み込みの体感速度が上がるというものである。画像の多いページや、動画をストリーミングで見る時にはあまり効果がないものの、テキスト主体のウェブページ閲覧の他にメールチェックやSNSの更新チェックなどの時にも効果を発揮する。私の場合外出時に重いサイトや動画を見ようとは思わないし、自宅では家のWiFiをつないでいるから高速通信を必要とする機会がほとんどないのだ。

音声通話料金は 20円/30秒 とかなりお高い。まあ基本私は待ち受け専門だし、LINEなどの無料通話アプリを使えばよほどの事がない限り通常の音声通話を使用する機会はない。

私の思いつく唯一の難点は経営母体の DMM がアダルト関連で有名な事くらいだろうか。なので以前母親用に格安SIMを契約した時はNTTグループの OCN モバイル ONE を選んだ。だが考えてみれば通話相手や通信先に利用している格安SIMが表示される訳ではないのだから、素直に月額料金の安い DMM を選んでも良かったんじゃないかと今は思っている。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば 蒲焼のたれ味を食べた感想 最初はまずそうだけど実際食べるとまあまあ美味い

明星食品のカップ焼きそば「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 蒲焼のたれ味」を食べてみた。

焼きそばに蒲焼のタレとは、ありそうでなかった発想だ。ご飯のおともに蒲焼のタレが美味いことは疑いようのない事実だが、焼きそばにもあうかどうかは実際食べてみないと解らない。

まずお湯入れて3分待ち、お湯を捨てたら袋に入ってる蒲焼のタレを麺にかけてまぜる。すると当たり前だが、蒲焼のタレの匂いが辺りに立ち込め一瞬「うっ」となる。はっきり言えば「まずそう」である。理由はわからない。

タレをまぜたらふりかけをかけるのだが、山椒が入っておりいよいよ蒲焼らしくなってくる。マヨネーズもついてくるがとりあえずかけずに一口食べてみる。

うん… まあまあかな。最初こそカップ焼きそばと蒲焼という組み合わせに違和感を感じたものの、実際に食べてみるとまあまあ美味い。決してすごく美味いという訳ではない。「まずくはない」と「美味しい」の中間くらいだ。「悪くはない」と言い換えてもいいだろう。マヨネーズをかけて食べてみるが、タレの味をかきけしてしまい、普通の焼きそばにマヨネーズをかけて食べるのとそれほど変わらない味になった。

メーカーが言うには「日本人が食べ慣れた味覚の和風焼そば」という事らしいが、蒲焼を食べ慣れるほど食べた経験のない私には承諾しかねる表現だ。発売時期的に土用の丑にあわせたネタとしては面白いが、定番商品として来年まで残る事ができるかは微妙である。

マッサマンカレーが世界一おいしい料理というのは間違いでした – CNNが認める

近頃発売された日清食品のカップラーメン 日清 カップヌードル マッサマンカレー を食べて少し気になる事があった。結論だけを先に言うと、日本のネット上で今でも流布されている「世界一美味しい料理はマッサマンカレー」という話が間違いでしたという事である。

マッサマンカレーとは、ココナッツミルクベースのタイカレーに落花生もしくはカシューナッツのペーストを加えたタイ南部の甘口のカレーである。カップヌードルのカップのふたや横には「世界一美味しいと話題のタイ南部のカレー」と書いてあるが、こういうのを見ると「そんなの誰が決めたんだよ」と思わずにいられない私は早速ネットで調べてみた。

2011年、CNNインターナショナルのCNNGoは、「世界で最も美味な料理ランキング50」(World’s 50 most delicious foods.)で、マッサマンを1位に選出した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マッサマン

なるほど、どうやらアメリカCNNの国際向け放送の旅行番組内で決められたようである。しかも「世界一美味しいカレー」ではなく「世界一美味しい料理」ときた。私もマッサマンカレーは美味いと思うが、これはさすがに言い過ぎだと思わざるを得ない。そこでウィキペディアの記事のソース元であるCNNインターナショナルの 「世界で最も美味しい食べ物ランキング50 」のページを読んでみると、選考基準や選考した人が誰なのかどこにも書いてはいない。これは推測だが、記事作成者のクレジットに “CNNGo staff” とあり、記事内の主語に “we” が使われているので番組スタッフの話し合いで決められたのだろうと思われる。

ちなみに9位にアメリカのアイスクリームがランクインしている他、ドーナッツやバター味のポップコーンなどアメリカの食べ物が7つランクインしている。我が日本の食べ物では、32位にアン肝、29位に近江牛、4位に寿司がランクインしているが、選考基準が謎過ぎて素直に喜べない。なお3位はメキシコのチョコレート、2位はイタリアのナポリ風ピザ、そして堂々の1位がタイのマッサマンカレーである。

ここまでは日本のネット上でも良く知られた話なのだが、実はCNNインターナショナルは同じ記事内でこのランキングを見た読者向けにネット投票を実施しており、2011年9月7日にその投票結果を発表する記事を書いている。そちらのランキングではマッサマンカレーは第10位と大きく順位を落としている他、日本の料理は8位にラーメン、3位に寿司がランクインしており、2位がインドネシアのナシゴレン、1位もインドネシアのルンダンという結果となっている。

そしてここからが本題なのだが、CNNインターナショナルはこのネット投票の結果を受けて、記事内で「マッサマンカレーが世界一美味しい料理というのは間違いでした」と公式に認めているのだ。

And now, after more than 35,000 votes, it appears we got it all wrong. The world’s most delicious food is not Massaman curry, as we suggested, but a meaty, spicy, gingery dish from west Sumatra.

3万5千以上の投票をいただいた結果、我々が完全に間違えていた様です。世界一美味しい料理は我々の選んだマッサマンカレーではなく、お肉たっぷりで、スパイシーで、ショウガの効いた西スマトラ地方の料理(ルンダン)です。

読者が選んだ世界で最も美味しい食べ物ランキング50 – CNNインターナショナル

つまりこの投票結果が発表された2011年9月7日の時点で、マッサマンカレーが世界一美味しい料理だという根拠はなくなったのだ。にも関わらず最初のランキングが発表された2011年7月以降、2015年になった現在でも日本のネット上では「世界一美味しい料理はマッサマンカレー」というニュースが新たに作られ流され続けている。

この事実を知ってか知らずか、「世界一美味しいと話題のマッサマンカレー」を宣伝文句に販売されている商品は、「日清 カップヌードル マッサマンカレー (2015年7月発売)」の他に、亀田製菓の「マッサマンカレーせん (2015年6月発売)」と明治屋の「エスニックごはんの具 マッサマンカレー (2014年8月発売)」、西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き カシューナッツ香るマッサマンカレー (2015年2月発売)」などがある。

私もマッサマンカレーはとても美味しいと思うし、日清のカップヌードルもとても美味しいと思った。マッサマンカレーが世界一美味しいと信じている人々の気持ちを害するつもりも毛頭ない。

しかしいくら海外の情報だからと言って、いつまでも間違った情報が流され続ける日本のネットメディアの現状を見て悲しい気持ちにならざるを得ない。ニュースソースであるCNNの記事をちゃんと読めば解ることを誰も指摘していないという事は、自分でソースを読まずに余所の記事をパクって記事を書いているか、企業から宣伝を依頼されて記事を書いているため (いわゆる “ネイティブ広告” あるいは “ステルスマーケティング”) あえてその事に触れずにいるとしか思えないからだ。

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そばを食べた感想 濃厚なソースは美味いが食べ飽きるのも早い

これが初めて食べたという訳ではないが、サンヨー食品のカップ焼きそば サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば を食べた感想を書いてみる。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば @ 楽天市場

私が一番好きなカップ焼きそばはペヤングなのだが、いつも必ずペヤングを買う訳ではない。その時の気分に合わせて他社の焼きそばも割と頻繁に食べていて、最終的に「やっぱりペヤングだよね」となるだけなのだ。

で今回のオタフクお好みソース味焼そばだが、一番の特徴はやはりねっとりと麺に絡む濃厚なオタクフソースだろう。ペヤングのウスターソースの様なフルーティさは無いが、独特の甘辛いこの味わいもこれはこれで大変おいしく、柔らか目の太麺とあいまって実にうまい。

だが味が濃いだけに飽きがくるのも早いので、連続して何度も食べたいという味ではない。これは他のカップ焼きそばにも言える事なのだが、ソースが濃厚なカップ焼きそばは食べ始めこそ美味いが、最後の方には飽きがきてしまう。そうしてしばらく比較的あっさりとしたソースのペヤングに戻った後、再び濃厚なソースの味が恋しくなるというループを私はもう何年も繰り返している。

明星 ぶぶか 油そばを食べた感想 かなり油っぽいけど太麺で食べ応えがある

日清食品の「明星 ぶぶか 油そば」を食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
明星 ぶぶか 油そば @ 楽天市場

まず「油そば」とは何かというと、スープの極端に少ないラーメン、あるいはスープに入れる代わりに麺にタレを絡めて食べるラーメンと思ってくれればよい。で、今回食べた「明星 ぶぶか 油そば」は、吉祥寺のらーめん専門店「ぶぶか」の油そばの味を再現したらしい。

作り方はカップ焼きそばとほとんど同じ。お湯を注いで3分待ち、お湯を捨てた後にタレをかけて混ぜ、ふりかけをかければ出来上がり。

肝心のタレの味はチャーシューの味がしみこんだ濃厚な味で、かなり油っぽいけど確かに旨い。タレの他にマヨネーズもついて来たのだが、ここでさらにマヨネーズを足す気にはならなかった。

麺はコシのある太麺が130gとボリューム満点。濃厚なタレとあいまってかなりの食べ応えだ。でも正直終盤になるとタレの油っぽさがさすがに嫌になってくるので、麺は130gもいらなかった。

具は小さなチャーシューとナルトに、ふりかけとして入ってるフリーズドライのネギのみ。タレが濃いのでもやしとか入っているとおいしいと思うのだが、もやしからでる水分がタレを薄める事を嫌うのか、油そばのトッピングにもやしは一般的ではないようだ。

結論として、珍しい味で確かに美味しかったけど、また食べたいとは思わない程度の味だった。

FUKAI 充電池式ウエット&ドライハンディクリーナーを使った感想 思っていた以上に吸引力が弱いが使えない事はない

私の部屋はフローリング(板張りとも言う)なので、数日何もしないだけで部屋の隅に細かなほこりが溜まって掃除が大変だった。

今までは週に2度コード付きの掃除機をかけ、ウェットタイプのクイックルワイパーで水拭きをするという感じだったのだが、特に気になるのは細かなほこりが目に付く事だったので、これだけなんとかすれば掃除の回数を減らせるのではないかと思い、アマゾンで安い充電式のハンディクリーナーを買ってみた。

買ったのは FUKAIの充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー FBC-777gr というやつだが、これは何とエネループなどの充電式ニッケル水素電池を使えるタイプらしい。バッテリーを内蔵したタイプだとバッテリーがダメになったらもう使えないが、こちらの場合は電池を交換すれば本体が壊れない限りいつまでも使える。ちょうど手元に Amazonブランドの充電式ニッケル水素電池 が余っていた事もあり、渡りに船とばかりにこちらを選んだ。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
FUKAI ハンディクリーナー @ 楽天市場

実際に使ってみた感想としては、思っていた以上に吸引力が弱い。だがフローリングの細かなほこりを吸い込むという私の当初の目的は問題なく達成できているので不満はない。絨毯の部屋で使う場合は他の商品を買った方が良いだろう。またバッテリーの持ち時間だが、部屋の隅のほこりをちょこちょこと吸い込む程度の使い方なら結構持つ。電池というの休ませながら使うと長持ちするのだ。だから車の一台分のシートのほこりを吸い込むとか、10分以上連続稼働させる場合は予備の電池を用意しておかないとダメかも知れない。

という訳でこちらは使い処がかなり限定される商品だが、価格が安いという事もあり、私とまったく同じ用途で使うという方におすすめしたい。

エスビー食品のマジックペッパーソルトで作るジャーマンポテトが超絶美味い件

まずマジックペッパーソルトとは一体何かという話だが、数種類のスパイスをミックスしたものに岩塩を加えた、いわゆるスパイスミックスである。以前から私はマジックソルトと言う名前の、数種類のハーブをミックスしたものに岩塩を加えたハーブミックスを愛用していたのだが、今回スパイス中心にブレンドされたこちらのマジックペッパーソルトも買って試してみようと思った次第である。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
S&B マジックペッパーソルト @ 楽天市場

ある程度料理が好きな人ならクレイジーソルトという商品の名前を聞いた事があるだろう。クレイジーソルトを作っているのはアメリカのメーカーだが、マジックソルトおよびマジックペッパーソルトは日本でおなじみのエスビー食品がフランス料理の三ツ星シェフの監修を受けて作っている。

マジックペッパーソルトにブレンドされているスパイスは、ブラックペッパー・ホワイトペッパー・グリーンペッパー・チリペッパーなどの胡椒類を中心に、トマトパウダー・陳皮・フライドオニオン・ごま・ガーリックなどである。胡椒の香りがぴりりと効いて、肉料理や赤身の魚料理、カルボナーラなどのクリーム系パスタ、そしてジャーマンポテトに良く合う。

特にジャーマンポテトに軽く振りかけて食べるとこれが超絶美味い! いや私は普段あまりジャーマンポテトを作らないのだが、袋の裏面に簡単なレシピが書いてあったので試しに作って食べてみたら超絶美味かったという話である。ちなみに私はジャーマンポテトのポテトは潰さずに形がそのまま残っている方が好みである。

ご飯のおかずにポテトはちょっとアレだけど、ビールやチューハイのおつまみにすると胡椒の程よい辛さが良い感じに美味いのでぜひお試しあれ。