部屋の電気をLED蛍光灯に変えてみた感想

私の部屋の電灯は直管の20型蛍光灯が3本なのだが、タイミング良くそのうちの2本が同時に切れたので、この機にLED蛍光灯に交換してみた。購入したのはREUDOという新潟にある会社が販売しているこちらのLED蛍光灯だ。

REUDO 直管形LED蛍光灯20形 昼白色 10W 1100ルーメン 2年保証 @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
直管形 LED蛍光灯 @ 楽天市場

販売会社は日本の企業だが、値段から考えれば製造はおそらく中国だろう。まあ従来の蛍光灯より構造が複雑とはいえ学習用の組み立てキットが販売されている程度なので、使用している部品の品質はともかく製造メーカーを日本企業にこだわる必要はまったくない。そもそも従来の蛍光灯に比べて製品寿命が大幅に伸びるLED蛍光灯は、品質が良ければ良いほど市場が縮小していくジレンマに陥っているので日本製でも大手企業はほとんど参入していない。

そんな私が今回の商品を選んだポイントは、まず私の部屋の電灯に合う規格である直管20形であるという事はもちろんだが、色温度のそれほど高くない昼白色であることと、なおかつそれなりに明るいこと、最後に国内の販売会社が2年保証をうたっている事だ。製造は中国でも良いけど保証がないのは困る。

たとえば日本製のLED蛍光灯が本当に中国製より長寿命だというならメーカーは5年保証とか10年保証を付けて販売すべきだと思うし、それなら私も多少高くても日本製を買う。それができない理由は、中国メーカーが「2年保証をつけた上で2年以内に壊れた商品は交換すれば良い」という発想であるのに対して、日本メーカーは「もし5年保証をつけて5年以内に商品が壊れると企業イメージが悪くなる」という発想であるからだ。消費者も日本メーカーを信頼してるからこそ値段が高くても納得して買うのだし、その信頼が損なわれたら誰も日本製の商品を買わなくなる。

でも工業製品である以上どこの国で作っても不良品は混じるし壊れる時は壊れる。なので私は高いお金を出して日本製という漠然とした信頼を買うより、保証というシンプルにして健全な契約を提示してくれる海外のメーカーの方が安心できるのだ。壊れたら交換を前提に「最低でも2年は使えてこの値段」と、「高いしおそらく何年も使えるだろうけど運悪く壊れたら1年しか保証がない」では圧倒的に前者の方が精神的負担が少ない。

話がだいぶそれたが、LED蛍光灯に変えてみた感想は「従来の蛍光灯と比べてすぐ点いて良い」くらいしかない。電気代が安くなるというのは事実として蛍光灯2本変えた程度では微々たる変化だし、あとは商品寿命がどれだけ持つかどうかという話になるのでこの機に国内メーカーに対する不満を書いてみた。本当に品質に自信があるなら「保証」という形で示して欲しい。電気屋の延長保証とか入って日本製を買ってる人って結局日本製を信頼してるんだかしてないんだかよく解らない。

格安すぎるスマホ AuBee elm. を買って使ってみた感想 必要十分だけど物足りなさはあるかな

税抜き価格でなんと6800円(送料込)、格安スマホもついにここまで来たかと一部で話題になっている AuBee elm. を楽天で購入して使ってみた。

SIMフリースマートフォン AuBee elm. @ 楽天市場

なお AuBee elm. とほとんど同じ商品がAmazonだと Covia FLEAZ NEO という名称で売られているが、タイムセール価格であっても楽天の方が安い上にポイントまで付いてくるのでこの商品に限っては楽天で買う事をおすすめする。
SIMフリースマートフォン Covia FLEAZ NEO @ Amazon

詳しいスペックについては楽天の商品ページを見てもらうとして、本当に必要最低限。それ以上にこのスマホを上手く表現する言葉はないように思われる。それでもCPUは1.3GHzのクアッドコア、RAMは1GBでROMはmicroSDでの増設を前提にしているとはいえ8GB、画面サイズは4インチ480×800だけどIPS液晶、メインカメラは500万画素でGPSその他各種センサーもついている。当然のごとく最新の数万するスマホにはまったく及ばないけど、このスペックで税抜き価格6800円(送料込)というのは破格と言わざるをえない。

さて実際の使用感だが、価格を考慮すれば文句はないけどやはり物足りなさを感じる場面は多々ある。ブラウザでネットを見たり、GoogleMapを使ったり路線検索をしたりするのは普通にできる。あまり派手でない、シンプルなゲームをしても動作がもたつく感じはない。ただし通勤や昼休みなど1日フルで使用するには充電容量がギリギリなのでモバイルバッテリーの携帯が必須となる。またカメラの解像度が低く画質も悪いのでこのスマホで撮った写真を他人に見せるのは少し抵抗がある。まあ私のように自宅にPCがあったり、外出時にはタブレットPCを持ち歩く人間が、サブ機的な使い方をするのに最適な機種だと思う。

なお楽天のNTTコムストアでAuBee elm.を買うとOCNの音声SIMカードが付属してくるが、別にこちらは加入しなくてもまったく問題はない。私は同じMVNOでもOCNより料金の安い DMM mobile のSIMをこのスマホに入れて問題なく使っている。

キユーピー あえるパスタソース 焦がしねぎ塩を食べた感想

キユーピーの あえるパスタソース 焦がしねぎ塩 というパスタソースを使ってスパゲッティをつくって食べてみた。

キユーピー あえるパスタソース 焦がしねぎ塩 @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
キユーピー あえるパスタソース 焦がしねぎ塩 @ 楽天市場

前に食べた香ばしえび塩の時と同じく作り方はいたって簡単。ゆでたパスタとソースを混ぜて最後に具を上から振りかけるだけである。

さて味の方はと言うと、前回と違い今回はそこそこ美味かった。というのも香ばしえび塩の方は失敗したボンゴレみたいな味だったが、こちらの焦がしねぎ塩はスパゲティというより塩やきそばに近い味だったからだ。ローストオニオンやこんぶエキスやチキンエキスで味付けされた和風テイストなソースと、具材としては細かな鶏肉、焦がしねぎ、乾燥青ねぎ、そしてあられが具として入っている。

パッケージ袋の裏面にアレンジレシピとして中華麺を使った塩やきそばの作り方が載っているほどなので(やっぱり”あえるだけ”)、そういうB級グルメだと思って食べればそこそこの美味さという訳である。香ばしえび塩の方はなまじ海老という単語を使って期待を膨らしたのがまずかったのかも知れない。

まあもう一度買って食べるかと言われれば食べないかな。塩やきそば風のスパゲティを食べるくらいなら私は素直に塩やきそばを食べますよ。

ハインツ 大人むけのパスタ オマール海老のトマトソーススープ仕立てを食べた感想

ハインツの大人むけのパスタ オマール海老のトマトソーススープ仕立てというパスタソースを試してみた。

ハインツ 大人むけのパスタ オマール海老のトマトソーススープ仕立て @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
ハインツ 大人むけのパスタ オマール海老のトマトソース @ 楽天市場

最近エスビー食品の「予約でいっぱいの店」シリーズなどの、少しお高めのレトルトパスターソースをいくつか試して美味かったので、ハインツが出している「大人むけのパスタ」シリーズもちょっと試してみようかと言う訳だ。

作り方はいたって簡単。パスタを茹でて別に温めておいたソースをかけて混ぜて食べるだけ。

そして肝心の味の方は「ちっとも美味くない」だった。正直値段もさほど変わらない事から、最低でも「予約でいっぱいの店」と同程度の味は期待していた。しかしベースとなるトマトソースは1袋100円ほどで売っている安いレトルトソースと同じレベルで、かつ売りであるところのオマール海老は甲殻類の殻の匂いがかなり強く、バジルまたはオレガノなどの臭みを消すハーブを自前で用意しないととても食えたものじゃない。なお具としてはほんの小さなエビ(バナメイエビ)のかけらが数個入っているのみである。

簡単に言うなら期待を裏切られた気分で、私はハインツのこの「大人むけのパスタ」シリーズを再び買う事はしばらくないだろう。

キユーピー あえるパスタソース 香ばしえび塩を食べた感想

キユーピーの あえるパスタソース 香ばしえび塩 というパスタソースを使ってスパゲッティをつくって食べてみた。

キユーピー あえるパスタソース 香ばしえび塩 @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
キユーピー あえるパスタソース 香ばしえび塩 @ 楽天市場

作り方はいたって簡単。ゆでたパスタとソースを混ぜて最後に具を上から振りかけるだけ、まさに「あえるだけ」である。

肝心の味の方はと言うと、まずくはないにしろ、特に美味いというほどでもない。オリーブオイルっぽい植物性油にアンチョビとガーリックとそしてあさりエキスと、なんだか失敗したボンゴレみたいな味である。具として振りかける小エビはシャリシャリとチープな食感がぬぐえず、食べていておいしいというものでもない。

唯一の長所はほぼ「あえるだけ」という所にあると思うのだが、そもそもパスタをゆでる時点で手間がかかっているから、どうせならもう少しおいしいソースで食べたいものである。値段も別に安くないし、同じ安いものでもレトルトパウチに入ったパスタソースの方が美味い。パスタをゆでている間にソースを別に温めておく程度の手間しか違わないしね。

関孫六 ワイドキャベツスライサーを買って使用してみた感想 安定してキャベツがスライスできてケガの心配もなし

包丁や刃物などで有名な貝印の「関孫六 ワイドキャベツスライサー 特別セット」を買って使用してみた感想。

関孫六 ワイドキャベツスライサー 【スライサー+受け皿セット】 DH-5890 @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
関孫六 ワイドキャベツスライサー @ 楽天市場

基本的にお肉や揚げ物などが好きな私だけれど、油っぽいものを食べるときには特に健康に気を使う訳でもなくサラダと一緒に食べたくなる。そして安く手軽に食べられるサラダのベースとなるのがキャベツスライスで、毎日一度は必ずキャベツスライスを食べていると言っても過言ではない。ただキャベツを包丁でスライスするのが特に難しいという訳ではないけれど、できれば一度に大量にスライスして冷蔵庫に入れておいた方が食べたい時に食べれて便利だし、大量にキャベツスライスを作るなら一家に一個キャベツスライサーがあると便利という訳なのだ。

そしてこれまでは100円ショップで買った小さくて扱いにくいキャベツスライサーを使っていたのだが、ふと思い立って国内メーカー製のきちんとしたものを試しに買ってみた。メーカーは上述の貝印、男性ならばヒゲソリで良く目にする名前だ。「関孫六」というのはその貝印の展開している商品のブランドで、まあ刀鍛冶の伝統を現代に受け継ぐとかそんな感じのアレで、伝統はともかく無名メーカーの品よりは信頼できるしよく切れる。

だが実際に使ってみた感想としては、刃の切れ味よりも本体が大きいおかげで安定してキャベツが切れるのがとても良い。「ワイド」というだけの事はある。私が買ったのは受け皿がついてくる特別セットだったのだが、この受け皿の下部にもすべり止めがついていてさらに安定してキャベツがスライスできる。刃の設定は100均のものより薄切りになっているので、目当ての量スライスするまで何度もキャベツを往復する必要があるけれど、その分ふんわりとした食感のおいしいキャベツスライスを作る事ができる。ここまで薄いスライスを包丁で作るのは至難の技だと思う。

またこの「安定して」という事がかなり重要で、これまでは100均の商品を使って大きなキャベツを不安定な体勢でスライスしているとケガをしそうで心配だったのが、こちらの商品を買ってからはケガをする心配はほぼなくなった。みなさんが買うときも専用の受け皿を一緒に買う事をおすすめする。

S&B 予約でいっぱいの店のカルボナーラを食べた感想 これがカルボナーラ本来の味だよね

エスビー食品の 予約でいっぱいの店のカルボナーラ というパスタソースを使ってスパゲッティをつくって食べてみた。これまで同じシリーズのいかすみソースボロネーゼを食べておいしいと思ったので、同じシリーズの他の商品にもおそらくはずれはないだろうという判断だ。

S&B 予約でいっぱいの店のカルボナーラ @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
S&B 予約でいっぱいの店のカルボナーラ @ 楽天市場

作り方はこれまたいたって簡単。パスタを茹でた後、生クリームソースをフライパンで火にかけて温めて、十分に温まったら火を止めてパスタを絡め、さらにチーズ卵黄ソースを加えてよく混ぜれば完成。なお今回も乾燥パスタにはバリラを選択した。ディチェコだとパスタにソースが絡みすぎて食べずらいかも知れないと思ったからだ。

肝心の味の方は「これがカルボナーラ本来の味だよね」と言った味で大満足。よくある安物のレトルトソースやチェーン店のメニューだと「水で薄めたホワイトソースにチーズを足しただけじゃねーか」という似て非なる商品が多いけど、こちらのソースはきちんチーズと卵黄のこってりとしたソースに黒コショウがピリリときいている。豚肉はパンチェッタではなくベーコンだけど、そこにこだわる必要はまったくない。

シンプルに言うなら本当に美味い。もともと私はカルボナーラがそれほど好きではないけれど、何かの気まぐれでふと食べたくなったとしたら再びこのソースを使って作るだろう。S&Bのこの予約でいっぱいの店シリーズは本当においしいパスタソースが多いのでぜひ他の人にも試していただきたい。

宅配レンタルDVDを無料お試しして見た感想 ツタヤDISCAS、ゲオの宅配DVDレンタル

つい最近の年末年始の休みにふとDVDを借りて映画を見たくなって、「そういえば今はネットでDVDを宅配してくれるサービスがあったな」と思い出し、レンタルDVD業界大手の TSUTAYA と GEO の宅配レンタルDVDを無料お試ししてみた。

宅配レンタルDVDの仕組みをごく簡単に説明すると、月額でいくらかの料金を支払ってネットで借りたいDVDを注文すると自宅のポストに届けてくれて、見終わったら最寄りのポストに投函して返却が完了したらまた新たに注文したDVDを届けてくれるというサービスだ。月に何枚までDVDを借りられるかによって月額料金が変わり、各社無料お試しができるプランは8枚までという事が多い。

自宅にいるまま月に8枚までDVDをレンタルできて月額税込およそ2,000円というのは果たして高いのか安いのか、それを見極めるための無料お試しという訳だが、まずは TSUTAYA と GEO のサービスを比較してみよう。

サービス比較
(※月8枚プランの場合)
ツタヤDISCAS ゲオ宅配レンタル
月額料金 税抜1,865円 税抜1,860円
1度にレンタルできる枚数 2枚1組 2枚1組
返却期限 なし なし
延滞料金 0円 0円
余ったレンタル枚数の翌月への最大くりこし枚数 8枚 8枚
旧作借り放題 ×
見終わった作品の返却中に次便の発送をしてもらえる(つぎクル) ×

この様に月額料金にはほとんど差が無く、2枚1組の発送である点や、余ったレンタル枚数を翌月に繰り越せる枚数が最大8枚という点も変わらない。というか月に8枚見なかったという人が翌月に8枚以上レンタルする可能性ってあるのだろうか? 学生の長期休暇や、盆暮れの休みくらいじゃないか?

そんな中、それぞれの大きな特徴となるサービスは TSUTAYA の「旧作借り放題」と GEO の「つぎクル」だ。

TSUTAYA の「旧作借り放題」は、その名のごとく月8枚の制限を超えても新作・準新作・まだまだ話題作を除いた旧作のDVDのみ借り放題となるサービスだ。TSUTAYA における旧作の定義とは「レンタル開始後721日経過したタイトル」という事らしく、簡単に言うなら2年以上前のDVDなら借り放題という事になる。なので古い映画やドラマが大好きだという人にぴったりなサービスと言えるだろう。

GEO の「つぎクル」は、見終わったDVDを最寄りのポストに返却した後ネットでその旨を報告すると、返却したDVDがGEOに到着する前に次のDVDを発送してくれるというサービスである。他社のサービスだと返却に要する1日~2日ほど次のDVDを発送してくれないので、ドラマやアニメなどの続きを早く見たいという人にありがたいサービスと言えるだろう。ただしこの「つぎクル」は無料お試し期間中は利用できない。

結論として、TSUTAYA と GEO の大手2社の宅配レンタルDVDサービスを30日づつ無料お試ししてみて思った感想は、ツタヤの「旧作借り放題」よりゲオの「つぎクル」の方が実用的だと言う事だ。旧作借り放題と言っても月8本を超えてコンスタントに旧作の映画を見ることなんて余程の映画好きでもない限りあまりない。どちらかと言うと連休などの機会にまとまってドラマやアニメを1シーズンまとめて見たくなる事の方が多いと思う。また月額料金をずっと払い続けるのではなく、年末年始やゴールデンウイークなど必要な時のみ契約して、あまり利用しない期間は契約を解除しておくという使い方が一番賢い利用法だと思う。

まあツタヤDISCASも、ゲオ宅配レンタルも30日間の無料お試しができるので、自分で両方試して自分に合ったサービスを選ぶと良いだろう。



S&B 予約でいっぱいの店のボロネーゼを食べた感想 トマトの酸味より肉の旨みが勝る本格的な味だが好みは分かれるかも

エスビー食品の 予約でいっぱいの店のボロネーゼ というパスタソースを使ってスパゲッティをつくって食べてみた。ボロネーゼは日本ではいわゆるミートソースと呼ばれるパスタソースの事で、定番中の定番、これを名店のシェフが監修したと言われるレトルトソースでどこまでおいしく出来るのか少し興味があったのだ。

S&B 予約でいっぱいの店のボロネーゼ @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
S&B 予約でいっぱいの店のボロネーゼ @ 楽天市場

前に同じシリーズのいかすみソースを食べた時はディチェコを使ったが、今回のパスタはバリラをチョイスした。作り方は以前と同じくパスタを茹でた後、フライパンにパスタソースをあけてオリーブオイルを大さじ一杯加えて弱火で軽く温め、十分に温まったら火を止めてあらかじめ茹でておいたパスタを入れてよく混ぜて出来上がり。

実際に食べてみた感想としてはひき肉の脂の味が強いかなという印象。日本でおなじみのいわゆる普通のミートソースはトマトの酸味が強く爽やかで、あまり煮込まれていないせいか見た目も鮮やかな赤色のイメージがあるが、こちらのボロネーゼは肉の味としっかり煮込まれたトマトの甘味が合わさって爽やかというよりは濃厚なまったりとした味わいである。

どちらが良いかは好みの分かれる所だと思うけど、私個人としてはひき肉の脂の味は好きだけどトマトの酸味が残った日本のミートソースの方が好みかな。

アイリスオーヤマの加熱式加湿器 SHM-100Uを買った感想 加湿器を使うと暖房費用の節約にもなる、気がする

アイリスオーヤマの加熱式加湿器 SHM-100U を買った。

これまでは濡れタオルを干して部屋の湿度を上げたり、のどが感想しないように布製のマスクをして寝たりしていたのだけど、それらの手間がめんどくさくなってきたので文明の利器に頼るしたとう訳である。今回アイリスオーヤマの商品を選んだのはアマゾンで一番安くて売れていたというのが主な理由。

アイリスオーヤマ 加湿器 加熱式 アロマ対応 グリーン SHM-100U @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
アイリスオーヤマ 加湿器 加熱式 アロマ対応 SHM-100U @ 楽天市場

実際に使ってみた感想としてはすごくいい。大きな部屋だと物足りないかも知れないが、6畳の私の部屋で使うと少しづつ湿度が上がっていき暖房を使わなくても体感的にぽかぽかしてくる。湿度が上がれば体感温度が上がるというのは学校で習って理屈では知っていたものの、こういう形で体験するとまた違った感慨深さがある。

超音波式などと比べると加熱式は若干電気代がかかるようだけど、狭い部屋だと加湿器を置く場所が限られてしまい、その結果として水に濡らしてはまずい本や電子機器などの近くに設置する事になるので私は加熱式を選んだ。電気代がかかると言っても微々たるものだし、体感温度が上がる事によって暖房費も節約できるような気がするので多少のコストには目をつぶる事にしよう。

結論として私は今回この加湿器を買って本当に良かったと思う。というかどうして今まで加湿器を買わなかったのか過去の自分を問いめたいくらいだ。いくら貧乏性だと言っても、お金をケチって風邪をひいたりしたら本当にバカみたいだ。寒い日には恐れず暖房も使っていこう。