中二病でも恋がしたい!を観た感想

テレビアニメ、「中二病でも恋がしたい!」を観た。

私が最初この作品を知ったときは、「ああまた僕は友達が少ないのような、設定上だけはオタクで非モテな主人公の周囲に訳もなく美少女が集まるハーレムアニメなんだろうな」と思い、そしてそういうのを期待して見たわけだが、予想に反して途中から割りとシリアスな展開をみせる、正統派とはさすがに言えないもののちゃんとしたラブコメディだった。

だがそれだけに私にとっては実に期待はずれのつまらない作品だった

中二病という設定こそ目新しいものの、ヒロインの家庭に問題があるとか、それによって抱えた精神的な傷があるとか、そんなのは安物のラブコメで何度も使い果たされてる設定だ。

そしてそういうシリアスな展開となれば最初の中二病という設定は自ずとかすむ。そもそもこのヒロインは中二病というよりある種の本格的な精神病というべきだろう。最終的にはそういう深い傷とか心の病とかを、考えを改めた主人公たちが「中二病という魔法」を使って癒して、めでたし、めでたし…

ってディズニー映画かよ!!

完全なご都合主義というか、演出された幸福がそこにあるだけで何の説明もないひどい結末だ。家族の愛情では心の傷は癒えなかったが、初めてできた中二病の彼氏のおかげで心の傷は癒えましたってそりゃないだろ。いや恋人が傷を癒すというのは現実ではなくもない事だろうが、フィクションとしてまったく感動ができない。これで感動できる人は「中二病」というキーワードに共感するゆえに後の事はどうでもよくなっているんだと思う。そういう人は中二病エンド以外の終わり方だったら怒りだしているんじゃなかろうか。

ヒロインが主人公に惚れた理由、主人公を見て「自分の気持ちを押し殺して、なんでも言う事聞いている自分より、よっぽど素直でかっこいいなって」思ったとの事だが、

だとするともしも主人公がヤンキーだったら大変なところだった。ちょうど中二病と発症する年齢がかぶる事もあるが、下手をしたら六花はいまごろ金髪のレディースになっていた可能性だってある。家庭に問題を抱えた思春期の女の子が悪い男と知り合って不良になるというのは、現実でもフィクションでもよくある話だ。要するにこの作品から中二病という設定を抜かしてしまえば、それくらい安っぽいドラマしか残らないという事である。

探偵オペラ ミルキィホームズを観た感想

テレビアニメ、「探偵オペラ ミルキィホームズ」を観た。

色々とギャラクシーエンジェルとの共通点があるという事で期待してみたけど、残念ながら期待したほどではなかった。主役の4人組をはじめとしてキャラクターはみんなとても可愛いんだけど、その分アクの強いキャラが居ないのでギャグの切れ味があまり良くない。ただあくまで期待していた程ではなかったというだけで、第1期に関してはそこそこに楽しんで観れたと思う。

それが2期となると、「乳首」と「ラード」のギャグがくどいくらいに繰り返されて、つまらないのを通り越して少し腹が立ってくるほどだった。パロディネタもGAの時はまだ新鮮だったけど、今時はもうやり尽くされている感じであんまり面白くないし。う~ん残念。

ゼロの使い魔Fを観た感想

テレビアニメ、「ゼロの使い魔F」を観た。

ぶっちゃけた感想を言うと、ルイズが相変わらずかわいい以外に見所が無かった。王道ファンタジーと言えば聞こえはいいが、ストーリーの展開にヒネりらしいものがまったく無く、閑話休題的なギャグパートは面白かったがシリアスパートは退屈で見ていられない。

その代わりイチャラブモードに突入した才人とルイズの絡みは面白く、イチャイチャしはじめて才人がルイズを押し倒す → 邪魔が入る、の流れが既にお約束と化していて良かった。最後のアニメシリーズということで一応はシリアス展開を入れて完結させたのだろうが、正直なところを言えば全話ギャグパートのみの方が嬉しかったなあ。

いなばの缶詰「チキンとタイカレー」シリーズが充実してた!

半年ほど前、いなばの缶詰「ツナとタイカレー」が超絶上手い件という記事を書いたのだが、先日久々にスーパーにてタイカレーシリーズを買って食べようと思ったら、当時イエローカレーだけだった「チキンとタイカレー」にグリーンとレッドという新味が追加されていた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
いなば チキンとタイカレー @ 楽天市場

「やっぱタイカレーにはチキンだよね」と、早速買って食べてみたらやっぱり旨い! 具の量はツナとタイカレーと比べると少なめだが、チキンならではのジューシーな食感はやはり良いと思う。タイカレーの味は缶詰とは思えないほど本格的で、辛味・酸味に加えてココナッツミルクのまろやかさがしっかりと出ている。

ただ全体的な量は相変わらず少なめで、できれば2個買って大盛りのご飯と一緒に食べたい所だ。カレーが旨いのでご飯がすすんでしょうがない。

こうして素早いシリーズ展開が行われたという事はやはり隠れたヒット商品として着実に売り上げを伸ばしているのだろう。ただ私としては単なるヒットでは終わらない息の長い商品となって欲しいので、気が向いたらたまに買って食べるようにしたい。値段もさる事ながらここまで手軽に本格的なタイカレーを味わえるのはすごく嬉しい。

ディアナチュラビタミンCは、ニキビに効くのか

以前、増え始めたニキビ予防のために、ディアナチュラビタミンB群というサプリメントを飲み始めたという話をしたのだが、そちらで一定の効果が感じられたので、さらに欠乏しがちなビタミンを補うためにビタミンCのサプリメントも併せて飲んでみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
ディアナチュラビタミンC @ 楽天市場

結論から先に言うとビタミンB群のサプリメントと同様に、これらを飲んでいるだけでニキビを完全に防げるわけではない。ただビタミンCのサプリメントを飲みはじめてすぐに感じた効果としては「余分な脂の分泌が少なくなった」

私はもともと脂性の体質で、冬だというのに洗顔をしてもすぐに顔が脂っぽくなってしまっていた。乾燥を防ぐという意味では必要な脂分だが、それがあまり多すぎるとニキビの原因となるだけに、ずっと悩みのタネであった。それがビタミンCのサプリメントを飲み始めた途端、それはもう翌日には余計な脂が抑えられ、かといって肌が乾燥するというわけではなく、快適な状態が長く保たれるようになって実によい感じである。

肝心のニキビについてはすでにビタミンB群によってある程度の改善がみられていた事もあって、目に見えて大きな改善が見られるというほどでは無い。しかし肌のコンディションについてはあきらかな改善が見られるので、実感としてニキビにもきっと良いであろうという確信は持てた。

なので栄養が偏りがちな食生活をおくっている方でニキビに悩んでいるという方は、まずはビタミンB群、そしてビタミンCを試してみられてはいかがだろうか。2つ買っても60日分で800円せず、ニキビ用の洗顔料とほぼ同額かそれよりも安いくらいなので、試してみる価値はあるだろう。

UN-GO (アンゴ)を観た感想

テレビアニメ、「UN-GO (アンゴ)」を観た。

UN-GO (アンゴ)というタイトルは、昭和前期に活躍した小説家・坂口安吾の作品をアレンジしているかららしい。ただこのアレンジとやらがなかなか曲者で、時代を昭和から近未来に変更したり、オカルトやSFといった要素も追加されている。かつてモンテ・クリスト伯の小説を独自の解釈でアレンジした巌窟王というアニメがあったが、系統としては似たようなものだろうか。すでに著作権の有効期限が切れているので原作者にお金を払う必要もないし、独自の解釈をいくら付け加えても原作者から文句を言われる心配もない。それなら最初から完全オリジナルでもいいんじゃないかと思うが、色々と大人の事情ってやつがあるのだろう。

という事で主人公は一応探偵という事にはなっているが物語としては推理モノという感じはあまりない。証拠を集めて理論を構築するという感じではなく、人ならざる相棒・因果の特殊能力で犯人に自ら動機や罪を告白させてしまうからだ。良く言えばいろんなジャンルのいいとこ取りした実験的作品、悪く言えば腐女子狙いのお子様ランチといった所だろう。全11話という短さのためか、設定の上辺だけなぞっただけでストーリーに深みを足すという所まで描く事はできずに終わっているのが残念だった。

40歳の童貞男を観た感想

アメリカはユニバーサル・ピクチャーズ配給のコメディ映画、「40歳の童貞男 (The 40 Year Old Virgin)」を観た。監督はジャド・アパトー、主演はスティーヴ・カレル。

作品の内容はタイトルからも想像できる通り、童貞のまま40歳になってしまった男・アンディが、同僚たちと自身の体験について会話しているうちに童貞である事がバレてしまい、同僚たちから童貞卒業のアドバイスを受けるというもの。ただし主人公がオタク趣味の童貞という割には、見た目に派手さはないもののこざっぱりと清潔で、性格も積極性は無いが人あたりの良い魅力的な男性で、本人が奥手であるという事を除いて作中ではかなり女性にモテている。他にもいろいろと設定につっこみたくなる人もいるだろうが、これはコメディなので設定のリアリティについてはあまり深く考えずに観た方がいいだろう。

ちなみに私はオリジナルならではのセリフ回しの面白さを楽しむために英語音声だけで観た。なのでところどころ性的なスラングの意味がよく解らずに笑いのツボを逃している感じもしたが、作中で何度も “Virgin (英語では男性も女性もバージンと言う)” という言葉が連発されるのには笑った。

中でも一番笑ったセリフは、アンディの童貞が同僚たちにバレた翌日、職場全員にそのことをバラされてしまって、みんなから色々と同情的なアドバイスを受けてアンディがいたたまれなくなっている所に、職場の上司らしい女性がその場を治めるために言ったセリフ。

All right, that’s enough. Party’s over. Let the virgin get back to work.
はいはい、もういいでしょ、もうお終い。童貞は仕事に戻りなさい。

この一言でとどめを刺されたアンディはついにその場から走って逃げ出し、さすがに悪いと思った同僚がそれを追いかけるシーンにつながる。ちなみにこの上司の女性も悪気があって言った訳ではなく、その後アンディの童貞を狙って色々とアプローチをかけてくる。

という事で前半はコメディらしく笑いどころが満載で面白いのだが、終盤に行くに従ってラブコメディの要素が強くなっていって笑いの要素が減ってくる。ラストはいかにもハリウッド映画という感じの終わり方で、良くも悪くも予想や期待を裏切らない作品に仕上がっていると思う。

という事で興味を持った人は過剰な期待を抱かずに気楽なきもちで観ると良いだろう。

御先祖様万々歳!を観た感想

押井守監督による異色のホームドラマアニメ、「御先祖様万々歳!」を観た。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー、機動警察パトレイバー 劇場版、GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊、などなど日本アニメのみならず世界の映画界にまで少なからぬ影響を与える押井守監督によるオリジナル作品という事で観てみたわけなのだが、期待どおり、いや予想どおりの作品だった。

この作品を素直な気持ちで「面白い」と言える人は映像制作や舞台芸術に携わる玄人だけだろう。それ以外でこの作品を「面白い」と言うのは、私のように、性根がひねくれてしまってもはや素直な気持ちで作品を観ることのできなくなってしまった半可通の素人だ。押井守という監督は「原作という束縛」があってはじめてまともな作品を作ることができる人なのだという事がよくわかった。

ちなみにこの作品を「本当に面白い」と言い張る人は、大学生の演劇サークルのオリジナル作品を見に行けばこんなのばっかりだから楽しめると思う。作品が理屈先行で表現技術が追いつかず、最後にはその理屈さえも破綻してその結果生まれたものを「前衛」だと主張する典型的なパターンである。「面白い」のも評価に値するのも、作品それ自体ではなく、この作品を商品として完成させてしまった会社の経営陣のメンタリティの方だと思う。これだけ好き勝手やったら、作ってる方はさぞかし楽しいだろうよ。

ただこういう作品があるからこそ、それが土壌となって大勢の人々を楽しませる名作が生み出されるのだと思う。「前衛」という言葉そのものの意味で、後に続く作品の露払いとなったと言う点で実にアバンギャルドな作品だった。だからもう一度言おう、この作品を素直な気持ちで「面白い」と言える人は映像制作や舞台芸術に携わる玄人だけだろうと。

じょしらくを観た感想

テレビアニメ、「じょしらく」を観た。

「このアニメは女の子の可愛さをお楽しみ頂くため、邪魔にならない程度の差し障りの無い会話をお楽しみ頂く番組です。」という事らしいが、残念ながら女の子は対して可愛くない上に、会話も特に楽しくなかった。

まず女の子だがキャラデザインはまあ普通のレベルなのだが、性格のキャラづけが薄っぺらいというか大雑把に思えた。同じ原作者の さよなら絶望先生 のように、各キャラに一つづつ少々常軌を逸した個性的なキャラづけがなされているのだが、このやり方は10人以上の女の子キャラが登場する絶望先生で通用してもメインキャラが5人しか居ない今作じゃ通用しない。とにかく各キャラが毎度同じような事しか言わないのですごく頭が悪く思えるのだ。かりそめにも女子落語家という設定があるのに、会話に知性もウィットも感じられないというのはかなりいただけない。別に落語をやれとは言わないが、バカキャラは一人でいいのに全員バカキャラだと期待外れもいい所である。また原作者のウリのひとつであろう時事ネタや風刺も、絶望先生の時に比べてネットユーザーやオタク層に媚びた感じがしていて逆に鼻についた。

良かった点はアニメオリジナルと思われる都内の各地を散策するエピソードだ。誰しもが知っているような有名な場所がほとんどだが、たまに地元民しか知らないようなウンチクが聞けたのが良かったと思う。また水島監督ならではの演出や業界ネタはこの作品では光っていた。というかギャグに関しても女の子を可愛く描く事に関しても、それなりに実績がある水島監督が関わってここまでつまらない作品というのも珍しい。完全に企画倒れというか、むしろこの企画と人選で失敗している事が不思議でならない。

さよなら絶望先生を観た感想

以前から まりあ†ほりっく荒川アンダーザブリッジ化物語 などなど、新房昭之監督の作品がお気に入りの私だが、以前からずっと観たいと思っていた「さよなら絶望先生、俗・さよなら絶望先生、懺・さよなら絶望先生」をようやく観れた。

作品内容の説明はいまさら必要ないかも知れないが、物事を何でもネガティブに捉える絶望先生こと・糸色望(いとしきのぞむ)が中心となって、個性的な女子生徒たちと織りなす会話劇である。会話内容としては時事ネタや社会風刺などをシニカルに捉えつつギャグとして描いている感じで、別の言い方をすれば「誰しもが一度は考えるけど、それを人前で言うのはちょっと大人気ないと思われがちな事」が多い。

なので第1期は各キャラクターの性格が把握できてくると中々面白く観れるが、第2期・第3期ともなるとさすがに食傷気味に思えてくる。扱うネタも尽きてくるのか、最終的にほとんどこじつけやいいがかり的なネタが占めるようになってくるともうお腹いっぱいとなる。日本的なパロディや風刺の限界というか、どうせやるならとことんやってしまった方が面白いはずなのだが、どうしても中途半端な描き方になっているのがせっかくのネタをつまらなくしていて残念だった。

深夜アニメも所詮はマスメディアの一部だし、なにより商売なのだがら余計なトラブルは避けたいというのがごく普通の考えなのだろう。欧米の風刺映画ほどやれとは言わないが、訴訟リスクとそれによる宣伝効果なんかも計算に入れた上で風刺ネタを扱った方がきっと面白い作品ができると思うのだけど、結局のところ日本の漫画やアニメを作っている人たちって「いい人」が多いのだと思う。いい人は商売が下手だし、いい人がアクの強い作品を作る事は難しい。