ローミドルビデオカード SAPPHIRE HD6670 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP (ROHS) LITE を買った

サブPCのOSを Windows8 の64bit版に変更していらい快適なPC生活を送っている私だが、今回さらに快適さを求めて新たにローミドルクラスのビデオカードを購入した。

私はゲームをやらず、WEB制作の他は動画を見る程度なので基本的にはいままでのAMDの780Gのオンボードグラフィックで事足りていたのだが上記の通り Windows8 にOSを変更して以来、仮想デスクトップ環境を複数同時に起動して処理を行う事が増えたので、さすがに仮想PC画面の描画の遅さを感じるようになっていたのだ。

買ったのは Radeon HD6670 を搭載したサファイアのグラボ。上述のような理由からGPUの処理速度こそあまり必要ないものの、VRAMの転送速度を重視して GDDR5 のメモリを1G積んだローミドルクラスを選択した。補助電源を必要としない低消費電力でありながら2スロット占有型なので、場所を取るというデメリットがあるもののファンの回転音はまったくと言っていいほど気にならない。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
SAPPHIRE HD6670 @ 楽天市場

なおWindowsのエクスペリエンスインデックスは以下の様に変化した

780Gオンボード(HD3200) → HD6670 GDDR5 1G
グラフィックス:3.2 → 7.0
ゲーム用グラフィックス:4.7 → 7.0

まあ私はこの数値がどれくらいの目安になるのか解らないのだが体感的な話をすると、Windows 8 64bit上で動作させている Ubuntu 64bitや Windows 7 32bit の仮想デスクトップ環境にまるで普通のアプリケーションを操作しているような感覚でアクセスできるようになった。ホストOSとゲストOSの画面を瞬時に切り替える事ができる。ただアプリの起動なんかはさすがにVHDへのアクセスがボトルネックとなって少々もたつく感じは残っている。

う~ん、良い買い物をした。そしてせっかくそこそこのグラボを買ったので、久しぶりにゲームを買ってプレイしてみようかなんて事も考えている。最新のゲームはさすがに無理でも、中古ゲームでいい感じのがあるかも知れない。

格安内臓型DVDマルチドライブ 東芝サムスン SH-224BB+S

サブPCのDVDドライブが調子悪くなってきたので、安いDVDマルチドライブを探して購入した。送料無料でおよそ1800円弱といったところだった。

メーカーが東芝なのかサムスンなのか解らないが、たぶん合弁会社とか技術提携とかそんな類なのだろう。値段が格安な事を考えればあまり高い品質を期待するわけにもいくまい。なおこのドライブはSATA接続なので、一緒にSATAケーブルとSATA用電源への変換ケーブルも購入した。

使用した感想は可もなく不可もないといったところ。試しにDVD-Rを何枚か焼いてみたがエラーがでることはなく、これまで使っていたBENQのドライブ同様何の問題もなく使用できる。若干ドライブの回転音が大きいような気もするが、頻繁に使うようなものでもないのでまったく気にならない。

心配なのが耐久性だが、値段が安いという点を考慮すれば壊れたらまた買いかえればいいや程度の期待しかしてないので、まあ今は問題がない。保障期間中に壊れたらメーカーが保障してくれるだろうし、それをすぎて壊れたならその時また考えれば良いだろう。

サッポロ プレミアムアルコールフリーが500mlに増量されてお買い得になった!

以前、アサヒのドライゼロサントリーのオールフリーというノンアルコールビールを飲んで以来、よくノンアルコールビールを飲んでいる私だが、いかんせんその値段が気になっていていた。価格としては第3のビールとほぼ同じくらいですごく高いという訳でもないのだが、ノンアルコールなのにアルコール飲料と同じ値段というのは少し微妙である。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
サッポロ プレミアムアルコールフリー増量缶 @ 楽天市場

そう思っていたら350ml缶でこれまでまったくノーマークだったサッポロのノンアルコールビールが、お値段そのままで500mlに増量という嬉しい事をしてくれた。これで味がよければアサヒのドライゼロから乗り換えようと試しに買って飲んでみると、これがなかなか旨い。味としてはドライゼロの麦芽感を増やして苦味を増したような感じで、きちんとビールを飲んでいる雰囲気がある。私はどちらかというとドライゼロの味の方が好みではあるのだが、日常的に飲むとしたら値段も考慮してサッポロプレミアムアルコールフリーでも何の遜色もない。

これでサッポロのノンアルコールビールがシェアを伸ばせば他社もきっと価格を下げてくるだろうから、それまでこのプレミアムアルコールフリーを飲んで応援しる事にした。ちなみにサントリー オールフリーはたとえ値段が下がっても飲むつもりはない。

そらのおとしものを見た、古典的な萌えアニメだ

テレビアニメ、そらのおとしものを観た。

スケベだけど根は優しい主人公の少年の家にある日、空から美少女が降ってきて居座りドタバタなコメディを繰り広げる、いわば「うる星やつら」以来の萌えアニメの定番を踏襲した、今では王道というには少し珍しい部類になりつつある古典的な萌えアニメだった。それだけにこういうのが好きな私としては安心してみることができた。

終盤に少しシリアスな展開はするものの基本はずっとギャグパートが繰り広げられる。メインヒロインのイカロスをはじめ他のヒロイン達もあざといほどに定番キャラの設定だがそれぞれ魅力的で脇を固める生徒会長や部長も良い味を出している。要するになんも考えずに娯楽として楽しめる良作だという事だ。むしろなんで最近はやたらと小難しい設定を付け足したアニメが多いのかと疑問に思うほどだ。

ちなみにこの作品は北米版のブルーレイをかなり安い値段で買う事ができる点もおすすめだ。第1期のTV放映分とOVAの全14話が全部入って約3500円という値段は、これがもし国内版だったら1巻分にもならないだろう。ちなみに第2期のそらのおとしものfの北米版ブルーレイは2013年6月25日の発売予定となっているので、今から予約しておくとよいだろう。

ヴィンランド・サガを読んだ、ヴァイキングかっこよすぎ

幸村誠による漫画、ヴィンランド・サガを読んだ。

プラネテスの作者の最新作という事だが、舞台は一転して11世紀の北部ヨーロッパ。スカンジナビア半島やブリテン島を中心にヴァイキングの活躍を描く歴史物語。歴史もの漫画といえば日本や中国を舞台にした作品がほとんどで、ヨーロッパを舞台にした作品だと古代や近代がちらほらあるだけだったが、中世のしかも初頭というのは実に珍しいと思う。

ただ作品全体を覆う雰囲気としては秦帝国の建設を描いたキングダムとちょっと似ているところがある。まだ文化や統治が未発達で戦闘も個々人の武勇や兵士たちの士気がほとんどを占めている時代で、王よりもその配下の一将兵にスポットライトが当たっている点などだ。またキリスト教がヨーロッパ北部に普及する以前の話なので、近代では主に奪う側となるキリスト教徒が、この作品ではヴァイキング達に奪われる側で描かれているのも面白い。キリスト教が奪う側に回るのはヴァインキングがそれぞれの地域で同化して帰依して以降の話である。

歴史物語という事なので史実をたどれば今後の話の展開の大筋を知る事はできる。しかしその時代の息吹というか雰囲気を物語という形で見事に描きだしているので今後の連載も実に楽しみだ。アニメ化されたら海外ですごく人気がでそうだなと思う。

刀語を見た、時代劇だと思ったら会話劇だった

テレビアニメ、刀語を観た。

化物語の西尾維新の原作ということで見てみたが、やっぱりというかそのテイストがふんだんに含まれた作品だった。簡単にいえば物語の進行よりも登場人物同士の会話にさかれる時間が多い。これが化物語だと主役の阿良々木暦のおちゃらけた性格もあって面白かったのだが、今作の主人公は純朴な青年という事でどうしてもコミカルな方向へとは転がりずらい。敵役も一応剣士とか忍者という設定なので真面目な性格の人間が多い上によくしゃべるので、とにかく屁理屈をこねくりまわしている悪印象しか得られなかった。「剣士ならば言葉で語る必要はない」とか言っていながらその後もとにかくベラベラしゃべる。そういう所がこれまでの時代劇作品と一線を画すというか、これを面白いとみるかつまらないとみるかによって評価が分かれるところだろう。

私としてはまあつまらないというほどでもなく、序盤は結構楽しめたと思う。しかし全12話という構成の後半はもうマンネリ化が進んでしまって、あとはアニメにはありがちな展開を時代劇に持ち込むという奇をてらった割りに別に新しくもない終盤がまっていた。昔の少年ジャンプかよ。

原作ファンにとっては原作どおりで満足なんだろうけど、1時間アニメ全12話の半分程度に短くまとめてくれた方が爽快感と共に見れたと思うだけにちょっと残念な気がする。

DOG DAYSを観た、ファンタジー設定を逆手にとった良アニメだ

テレビアニメ、DOG DAYS、DOG DAYS'(2期)を観た。

最近私はファンタジー系のアニメをあまり見ない。なぜならファンタジー作品はある種の王道的な設定がすでに固定されていて、基本的にはこれに沿ったものとなるか、それに付け加える形で萌えやギャグを足したものになるかのどちらかでしかないからだ。この DOG DAYS も「アスレチック系のスポーツが得意な男子中学生が、犬耳や猫耳が生えた人々が生活するファンタジー世界に召喚されて勇者として戦う」という王道的な設定が基本となってはいるが、そこから先がちょっと違っていた。

犬耳の種族と猫耳の種族はそれぞれ国家を形成していて戦争をしているが、それはどちらかというとレクリエーションを兼ねた国民参加型のスポーツイベントとなっていて、人が死んだり深刻な怪我をしない事になっている。またその目的も利権や領土の奪い合いというものではなく、戦争に勝ってもせいぜいが集めた資金を多く分配されたり名誉が与えられたりする程度で、負けて恨みが残るという事もない。

こうして書いているとなんて子供だましのご都合主義設定だと思うかも知れないが、むしろ逆に想像力の及ぶ限り設定は自由であるはずのファンタジーでこれまでこういう手合いの作品が無かったのが不思議なくらいである。こうして最初からシリアス要素を排除してくれるおかげで、突然伝説の魔王や魔獣が復活するとかの、ワンパターン過ぎてたいして面白くもないお決まりのシリアス展開を観ないで済む。

こういうほのぼの設定でありながらも、戦闘時のアニメーションのクオリティはなかなか高く、主人公が剣ではなく棒術を使うという事での格闘シーンもこれまたなかなかのものだった。という事で日曜の朝に放映していてもおかしくない作品なのだが、そこは深夜アニメらしく女の子キャラが負けると服が破れる等のソフトなお色気シーンもあり、主人公がモテモテのハーレム展開もある。

すでに第3期アニメの制作が決定しているとのことだが、果たしてどんな展開になる事やら。ただいくらネタに困ったからといって第3期でもシリアス展開だけはしないでもらいたいものだ。

ココロコネクトを観た、一言でいうと「暑苦しい」

テレビアニメ、「ココロコネクト」を観た。

最近、僕は友達が少ないとか中二病でも恋がしたい!とか非リアにスポットを当てた作品のアニメが多かったが、ひさびさの?リア充というか普通の男子女子たちの部活動のお話である。内容も最初のヒトランダムでは部活メンバー同士の人格が入れ替わるというこれまた古典的というかさんざん使い古されたパターンという事で、そこがむしろ新鮮というか最初の方は楽しんで見れたと思う。

しかしそんな風に楽しんで見れたのは最初のヒトランダムの回だけで、その後のキズランダム、カコランダム、ミチランダムと話が続くにつれてある種の違和感が頭から離れなくなる。それは「人間関係が非常に暑苦しい」という事だ。この作品は正体不明の相手によって人格が入れ替わったり、欲望が解放されたりして、隠されていた人の本心が浮き彫りになる事なのだと思うが、残念な事にそれが実に暑苦しい。部活メンバーのお互いに対する依存が強すぎて、友情とか恋愛のレベルを超えてもはやメンヘラの域に達してるようにしか見えないのだ。部活メンバー総メンヘラ状態である。

高校生にとって親しい友人というのは確かに何物にも代えがたい大切なものだろうが、普通はクラス、部活、塾、バイト先、中学時代の友達、などなど複数の人間関係の中で親友というのが決まっていくものだ。それがこのメンバーは演出の関係とはいえ人間関係が内向きに閉じていて、まるで無人島や洋館のミステリーのように逃げ場がない。観ていて「そんなに嫌なら部活辞めればいいじゃん」と何度思ったことか。

冒頭で私は、僕は友達が少ない や 中二病でも恋がしたい! などの非リアとは違う普通の男子女子たちの部活動のお話と言ったが、それはまったくの皮肉で、実際にはそれ以上に非リア臭の漂う作品であった。まあ一言でいえばやっぱり「暑苦しい」という事だ。

ガールズ&パンツァーを観たけど、あんこう踊りって何だよw

テレビアニメ、「ガールズ&パンツァー」を観た。

華道や茶道の様に、主に女子の嗜みとして戦車を操縦して砲撃戦をする「戦車道」という文化が存在する世界のお話。女子に近代兵器というとどうしてもストライクウイッチーズを思い出すがどうやらキャラクター原案に島田フミカネ氏が関わっているようだ。

ただしこちらはパンツが見えたりなどのお色気要素はなく、ファンタジー要素も少なくどちらかというと体育会系の部活動のテイストで描かれている。しかし少々チープながらも3DCGを駆使した戦車戦の描写はなかなかのもので、特に戦車に詳しくなくとも見ていて楽しい。また音楽の素養がある水島努監督のアイデアか軍事オタクのスタッフの趣味か解らないが、敵対チームの登場シーンで流れる各国の民謡や行進曲がなかなか良い雰囲気を出していた。

そして水島監督といえば独特のギャグセンスが私は好きなのだが、作中にほとんど何の脈絡もなく敗戦時の罰ゲームとして「あんこう踊り」なる珍妙な踊りが登場したのには笑ったw なんでもフリつけは水島監督が自ら行ったらしいが、主人公の所属する学園が大洗女子学園なので、実在の大洗町で毎年「大洗あんこう祭」というのが開催される事にかけたギャグなのだと思う。というかこの大洗町ってあれですよね、うる星やつらなんかで押井守監督がよく意味もなく出す「大洗海水浴場」の元ネタの町ですよね? う~ん、どこからがギャグでどこからシリアスなのか解らない。

とにかく当初想像していたよりかなり楽しめる良作アニメだった。まあ第2期が見たいかといえばあまり話の展開も期待できないので別に見なくても良いが、こういう系統の作品がまた出ても良いと思う。戦闘機、戦車ときたので、次はやはり「潜水艦」ですかね。一時期映画でも流行りましたが、緊迫した潜水艦での戦いをぜひアニメでも見てみたい気がします。

猫物語(黒)を観た感想

テレビアニメ、「猫物語(黒)」を観た。

年末年始のこの時期にテレビで放映してくれるとは嬉しいご褒美。内容はすでに原作を読んで知っていたがアニメとして映像で見てもやっぱり面白い。冒頭の月火とのやりとりやブラック羽川の下着姿などファンサービスもばっちり。物語シリーズが好きで見ない人はいないだろうが、万が一見逃したという人も見た方が良い。

傷物語の劇場版アニメは残念ながら公開延期となってしまったが、このシリーズは今後もぜひアニメ化を続けて欲しい。ただグッズ販売を後押しするメインキャラクターはほぼ出尽くしてしまっているので、ブルーレイなどの円盤が売れないと全物語のアニメ化は難しいだろうなあ。