ラーメン」タグアーカイブ

濃厚なスープが旨い! サッポロ一番 担々麺

マルちゃんの正麺 にはまってからというもの、日清ラ王 とか 明星チャルメラのちゃんぽん とかほぼ毎日インスタントラーメンを食べているわけなのだが、そろそろ変わり種のラーメンも食べたくなって、サッポロ一番の担々麺を買って食べてみた。

こちらのラーメンは生麺のような食感の正麺とは違って普通の揚げ麺なので麺はあまり美味しくない。以前はこれでも十分に美味しく食べられていたはずなのだが、正麺のせいで変に舌が肥えてしまったのかも知れない。

しかし特筆すべきはそのスープである。正麺シリーズが基本オーソドックスな味付けのスープしか出していないのに比べて、こちらは袋麺でありながら担々麺という異色さ。ゴマのまったりとした味わいと香り、豆板醤やラー油の辛味に山椒がピリっと効いて、袋麺のスープにしては濃厚な味わい。

カップ麺とは違ってそぼろ肉やチンゲン菜などの薬味は自分で用意しなければならないが、インスタント麺にそこまでこだわる必要もないので、細かくきざんだウインナーにもやしを添えれば手軽に「それっぽい味」になる。

ただなんと言ってもやはり麺が残念だ。はっきり言ってスープに大敗している。「サッポロ一番」という昔から食べ慣れた麺のはずなのだが、定番の塩ラーメンならともかく、担々麺の濃厚スープにはまったく合わない。かと言ってこのサッポロ一番の味はずっと守っていってもらいたいし、発売元であるサンヨー食品さんには、サッポロ一番とは別に生麺に近い食感のインスタント麺を発売してもらって、そちらのシリーズとして担々麺を出してもらえないだろうか。

日清ラ王 袋麺 味噌味を正麺と比べてみた

マルちゃんの新しいインスタントラーメン「正麺」の大ヒットを受けて、きっと他のメーカーも黙ってはいないだろうと思っていたけど、日清がさっそく対抗商品を出してきた。

いまのところバリエーションはこの味噌味の他には醤油味だけだが、日清の高級カップ麺の代表である「ラ王」の名前をつけてくるとは、日清はかなり本気で勝負をかけてきているのだと思われる。

ならば食べ比べてみようと早速味噌味を買って食べてみた。なぜ醤油味にしなかったのかと言えば、正麺はそれまでの生麺タイプ麺の主流だった細いちぢれ麺とは違い、太いストレート麺だというのが私のお気に入りポイントで、正麺の味噌味はなかでもしっかりとした食感が味わえる見事な太麺だからだ。ラ王の麺がこれにどこまで肉薄できているのか…

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
日清ラ王 袋麺 味噌味 @ 楽天市場

麺は正麺の勝利

やはりラ王の麺はこれまでの生麺タイプ麺の領域を今一歩という所で抜けだせていなかった。正麺がかなり生麺のもっちりとした食感に近づいているのに対し、ラ王は太さについては健闘しているものの、ニチャニチャとしたいかにも加工された麺ような食感がわずかにだが残っていた。もちろんこれはこれでおいしいと感じる人もいるだろうが、特に目新しさはなく、新しいファンはつかないように思う。

スープは引き分け

もともと味噌ラーメンは味に個性を出しにくいというのもあるが、両社ともオーソドックスな味付けである。「ラ王」という名前はついているものの、カップ麺のラ王ように脂分の多いこってりとした味付けという訳ではない。むしろこれをベースにいかに自分好みの味付けに近づけるかというのがカップ麺には無い袋麺ならではの楽しみ方だと思う。というわけでスープは引き分け。

結論

結論として私は正麺に軍配を上げる。ラ王は正麺に比べて麺に工夫がなく、正麺がヒットしたから慌てて出したという感じが否めない。正麺の技術をパクったりしてそのまま同じものを出さない潔い態度は認めるものの、企業努力という点についてはいまひとつと言ったところだろう。

まあ正麺が大ヒットしたと言っても、即席麺最大手である日清食品全体のシェアをおびやかすという程にはならないと思うので、日清には今後も昔ながらのインスタントラーメンを丁寧に作っていく事に力を注いで欲しい。考えてみれば日清食品ってインスタント麺の細かい各ジャンルでは業界1位の座を他社ブランドに受け渡していながら、2位の座を着実に維持して社全体の売り上げを確保しているように思う。そういう意味ではこのやり方こそが日清ならではの企業努力なのだと言えるのかもしれない。

明星チャルメラ ちゃんぽん はやっぱり旨い!

半年ほど前にマルちゃんの正麺 醤油味にはまって以来、味噌味・豚骨味・塩味と正麺シリーズばかり食べてきた私だが、ひさびさに普通のインスタントラーメンが食べたくなって チャルメラ ちゃんぽん を買って食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
明星チャルメラ ちゃんぽん @ 楽天市場

なぜちゃんぽんかと言うと、私は太麺が好きだという事に加えて正麺シリーズのクセの少ないスープに飽きがきていたという事もある。その点このチャルメラ ちゃんぽんは、油揚げめんにしてはしっかりとしたコシのある太麺と、豚骨と鶏がらと魚介のエキスのしっかり効いたスープ、それに野菜をたっぷりと煮込んで食べれば、インスタント麺にしては結構な豪華さと食べごたえが実現できるのだ。

ちなみに私はたっぷり入れた野菜から水分がでて味が薄まってしまわないように、麺を茹でる水の量は標準の500mlから50ml引いて450mlにしている。そしておろしにんにくをたっぷり入れて軽くこしょうを振り、トッピングとして焼き海苔を何枚か載せれば完成である。本当はエビやイカなどの魚介類も具材に入れたいところだが、インスタントラーメンでそこまでは贅沢できない。

しかし自分で言うのもなんだが、いくら安くて旨いからと言って最近インスタント麺を食べ過ぎているような気がする。でも旨そうなラーメンを見つけてしまうとついつい食べてみたくなっちゃうんだよなあ…。

マルちゃん 正麺 塩味を食べてみた

半年ほど前にマルちゃんのインスタントラーメン、正麺 醤油味を食べて以来このシリーズにはまって、おおげさでなくほぼ毎日必ず正麺を食べている私だが、このあいだスーパーに行ったらなんと マルちゃん正麺 塩味 という新しい製品が発売されていた。東洋水産の公式サイトで確認したら2012年8月6日の新発売と書いてある。

当然購入して食べてみたわけだが、ほぼ予想通りというかそれ以上でも以下でも無いというのが正直な感想だ。麺は醤油味と同じ太さの3分ゆでタイプ。スープはチキンエキス・野菜エキスと鰹・昆布出汁をあわせたオーソドックスなあっさり塩味。まったく奇をてらった所がないので飽きることなく食べられるだろうが、私が既に正麺を食べ過ぎているせいもあって正麺を初めて食べた時のような感動はなかった。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
マルちゃん 正麺 塩味 @ 楽天市場

個人的にはスープがあっさりタイプなので、キャペツやもやしなどの野菜をトッピングとして入れる場合には野菜から水分が出てスープの味が薄まってしまう印象がある。夏場で汗をかいて身体が塩分を求めているような時には水の量を加減した方がおいしく食べられるだろう。

しかしこれで醤油・味噌・豚骨・塩とラーメンの定番の味が全て揃ったことになる。個人的にはラーメンは醤油と味噌が昔からお気に入りで、細麺の豚骨とあっさり味の塩味はもともとあまり好みではない。だが本当に好きなのは、太いストレート麺と豚骨と鶏がらをふんだんに使った豚骨醤油スープの組み合わせのいわゆる横浜家系ラーメンなので、すでに家系のブームは過ぎたかも知れないが東洋水産にはぜひ太麺の豚骨醤油味も発売していただきたい。家系ラーメンは好みの別れるラーメンなので、売れる売れないで言えば微妙なラインかも知れないが、きっと私も含めて固定して買い続けるファンは少なくないと私は思う。

マルちゃん 正麺 醤油味を食べてみた

最近スーパーに買い物に行くたびに気になっていたインスタントラーメンがあった。金色の目立つパッケージに大きく正麺と書かれた、”マルちゃん 正麺” である。なんでもテレビCMで話題となっていたようだが、テレビを見る習慣のない私はそんな事はまったく知らず、近所のスーパーで安売りセールをやっていたので購入して食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
マルちゃん 正麺 醤油味 @ 楽天市場

普通に旨い。いやインスタントとしては抜群に旨い。麺は生っぽい食感なのに生タイプ麺によくあるような細めんではなく、しっかりと食べ応えがある。スープも昔ながらの醤油味という感じで、近所によくある中華食堂のラーメンは昔はこういう味だったと思う。ちなみにネットでは微妙な評価が多いみたいだ。なんでもテレビCMで期待値を上げすぎたという意見を述べている人がいたが、まったく先入観の無い状態で食べた私は大満足である。

他に良い点は、パッケージが高級感を出している割に別に値段設定が普通であるという事。あとは普通の油揚げ麺にくらべてカロリーが低めなので、毎食食べても太る心配がないという所だろう。一発で気に入ってしまった私は、安売りしてるうちに買っておこうと、醤油味をもう一つに加えて味噌味や豚骨味も買ってしまった。これからしばらくインスタントラーメンを食べる生活が続くだろう。