ラーメン」タグアーカイブ

日清ラ王 カップ麺 背脂コク醤油を食べた感想 スープは旨いが麺はもはや完全に時代遅れ

日清食品の 日清ラ王 背脂コク醤油 というカップラーメンを食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
日清ラ王 背脂コク醤油 @ 楽天市場

まず麺だが、「まるで、生めん。」なんてパッケージに書いてあるけど、以前は本当にほぼ生麺だったのに今はフリーズドライの中途半端な麺になってしまっている。またパッケージにはお湯を入れて5分と書いてあるが、5分程度では麺が十分に戻らずに固いままほぐれず食べにくい。5分からさらに時間を置くとまあ割と生麺に近い麺になるが、最近の生麺タイプのインスタントラーメンブームに完全に取り残された感じの、あくまで「以前だったら旨かった」レベルの麺である。それでもカップ麺では旨い部類に入る麺なのだが、どうしても時代に逆行している印象を受けてしまう。

次にスープ。こちらはさすがお高いだけはあるコッテリした濃厚な味わい。カップラーメンで手軽にこの味を食べられるというのは実にありがたい。それだけにやはり麺がバランス取れていない印象をまた受けてしまう。

具はカップ麺にしては少し厚く大きいチャーシューと、フリーズドライのネギが入っている。チャーシューはハムと言った方が近いような気もするが、まあ旨い。あとはメンマと海苔が入っていれば言うことなしなのだが、不満というほどでもない。

結論としては、「ときどきは食べたい」という感じだ。だができれば早いうちに昨今のインスタント麺に負けないような麺を新たに開発しなおして欲しい。

寿がきや 富山ブラックラーメンを食べた感想 コショウの辛さが強すぎて一度食べれば十分

寿がきやの 富山ブラックラーメン というインスタントラーメンを買って食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
寿がきや 富山ブラックラーメン @ 楽天市場

いわゆるご当地ラーメンも今では数が多すぎて粗製濫造のそしりを免れないが、これもそんなラーメンの一つだろうか。「富山ブラック」という名のとおり、とにかくスープの色がまっ黒だ。唐辛子で真っ赤なラーメンはよくあるが黒というのは珍しい。ただ私は食べるまでこの黒さはイカスミかなにかだと思っていたら、普通に醤油と黒コショウの黒だった。

そして肝心の味だが、まあコショウを入れ過ぎた醤油ラーメンそのままである。他には鶏がらや豚骨や魚介エキスなんかが入ってるらしいが、コショウの辛さにかき消されてしまってあまりよく解らない。元々辛いラーメンが好きな私だが、正直この辛さは受け付けなかった。はっきり言えばスープの色が黒いというだけのまずいラーメンである。

寿がきや 台湾ラーメンを食べた感想 スープが真っ赤でメチャ辛い! でも旨い!!

寿がきやの 台湾ラーメン というインスタントラーメンを買って食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
寿がきや 台湾ラーメン @ 楽天市場

寿がきやというのは愛知県に本社を置く食品加工会社で、そこのインスタントラーメンが美味しいという噂は常々聞いていた。そこでものは試しに一つ食べて見るかという事でこの「台湾ラーメン」とやらを買って食べてみたわけだが。

まずスープが真っ赤! ただ赤いというより何やらドス黒い感じの赤で、いかにも辛そうな見た目だがこれがまた実際に辛い。だが辛口が大好物に私にとって濃厚な味わいのあるこの辛さはとてもおいしくいただけた。全体的な味としては担々麺からごまの風味を抜いた感じに近いだろうか。

次に麺だが、割とオーソドックスな感じのノンフライのちぢれ麺。ここ最近の生麺タイプ麺ブームになれた身としてはとりたてて旨いという訳ではなかったが、以前ならば間違いなくかなり旨いと感じていたであろう。評価は中の上と言ったところか。

総合評価としては、「かなり旨い」とさせてもらおう。醤油や塩など普通のラーメンが好きな人にはおすすめしないが、この手の変り種ラーメンというのは大抵スープにばかり力を入れて麺がおざなりという事が多い。しかしこの台湾ラーメンに限ってはまずまずの麺に、かなり良いスープという組み合わせで大満足である。あとは近所のスーパーで気軽に買えるようになると言いのだが、愛知県でもない限りそれは無理な相談だろうか。

明星チャルメラ あんかけラーメンとろみしょうゆを食べた感想 割と期待はずれでがっかり

「サンマーメン」という名前のラーメンをご存じだろうか。Wikipediaなんかだと「細麺を使った、塩ラーメンもしくは多くの場合醤油ラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシに片栗粉を溶いたあんで絡めて乗せた麺料理である。」と説明されているが、要はラーメンの上にあんかけの野菜炒めを載せたものだと思ってもらえれば良い。

横浜中華街発祥とも言われるこの神奈川ローカルなラーメンであるが、私はこれが大好きでよく家で作って食べている。上でも言っているが、先にあんかけの野菜炒めを作っておいて、後から塩か醤油ラーメンを作って上に載せるだけ。普通にラーメンを食べるよりひと手間かかるが、野菜炒めのボリュームで手軽に満腹になれるのが嬉しい。

そんなサンマーメンではあるが、インスタントの袋めんで最近それっぽいやつが発売されたので試しに食べてみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
明星チャルメラ あんかけラーメンとろみしょうゆ @ 楽天市場

念のために言っておくと特に「サンマーメン」とは書いてないが、味は似たようなものを目指していると考えて間違いはないと思う。違う点は野菜を炒めるのではなく、麺やスープと一緒に煮込んで後からあんかけの素を足す様になっている。つまりより手軽にサンマーメンっぽいものを食べれると期待していたのだが、実際にはがっかりなものが出来上がった。

サンマーメンの良さは味付けの濃いあんかけの部分と、味付けの薄いスープの部分が少しづつ混ざり合って絶妙な味わいを生み出す点にあるのだが、このラーメンはどちらともつかない中途半端なスープとなっている。ついでに言うと麺も昔ながらの安っぽいインスタント麺で、あんかけのスープに完全に負けている。

発想自体は悪くないのだけど、開発者が力を抜いて作ったような印象を受けてサンマーメン好きとしてはがっかりであった。

話題の札幌円山動物園白クマ塩ラーメンを食べてみたが、果たして…

最近ずっとマルちゃん正麺だのなんだのとインスタントラーメンを食べてばかりの生活が続いているが、実はずっと前から気になっているラーメンがあった。それは 藤原製麺の 札幌円山動物園白クマ塩ラーメン

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
札幌円山動物園白クマ塩ラーメン @ 楽天市場

なんでもテレビでタレント(マツコ・デラックス)が絶賛していたとか何とかで、かなり好評なラーメンらしい。長い事気にはなっていたものの、値段もインスタントラーメンにしてはかなり高いし、何より「テレビタレントが絶賛」なんて宣伝文句にいまさらひっかかるのも何か悔しいと思ってこれまで無視し続けていたのだ。

しかし今回そんな札幌円山動物園白クマ塩ラーメン(以下、白クマ塩ラーメン)が安く売られているのを見つけてしまって、我ながらバカだなあと思いつつも好奇心には勝てずに購入してしまった…orz。まあ買ってしまったからには旨かろうが、まずかろうが、これまでのモヤモヤをすっきりさせるためにしっかり味わってみるべし! という事でさっそく食べたのでその感想を紹介する。

調理方法だが、まず沸騰したお湯 600ml に麺を入れ、4分半ゆでる。ゆであがったらスープを入れてかきまぜ、好みの具をのせてできあがり。

麺は中細のちぢれ麺、スープは少々濃いめの塩味。一口スープをすすって麺を食べた後の感想は、「まあ、こんなもんだろうな」であった。

美味いか不味いかで言えば、美味い。しかし正麺をはじめとした最近の袋めんの進化を知ってる身としては、別段おどろくほど美味いという訳でもない。正麺とどちらが美味いかと聞かれれば、太麺好きな私なら迷わず正麺に軍配を上げる。つまりその程度の味である。

この商品が話題となったのは正麺の発売よりも前なので、その意味では商品開発をした藤原製麺はとても素晴らしいと思う。しかし中小企業の悲しさか、それとも先行者としてのおごりか、いくらなんでも値段が高すぎる。今回は4割引という事で、まあそこそこの値段で買えたわけだが、それでも今この状況ではありえない値段設定だと思う。

今回割引をしたのも、もしかしたら売れ行きが鈍りつつある証拠かもしれない。

マルちゃん正麺 冷やし中華を食べた感想、これは売れる!

どこまで過熱するか予想もつかないインスタント麺業界の新製品ラッシュだが、その火付け役となったマルちゃんの正麺シリーズにまたもや新製品がでたので早速買って食べてみた。その名も マルちゃん正麺 冷やし中華

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
マルちゃん正麺 冷やし中華 @ 楽天市場

これは正直一本とられたというか、ありえそうで無かった発想だった。だがよく考えてみれば本当に麺が「生麺」に近いと言うのならば、冷やし中華ほどその実力が問われるラーメンも無いと思う。少なくとも従来のような細く縮れた油揚げ麺では、食感といい油っぽさといい、冷やし中華には合わなかっただろう。

麺は中太のストレート麺、5分ゆでた後に冷水にさらして水を切り、皿にあけてたらスープをかけて混ぜ、好きなトッピングを載せてできあがり。

まずは試しに何もトッピングをしないで食べてみたが、麺はさすが正麺という感じのしっかりとしたコシのある食感で、おそらく安物の冷やし中華の生麺よりおいしいのではないかと私は思う。スープはりんご果汁のアクセントがさわやかな甘酸っぱい感じで、私はもう少し甘辛い感じの方が好みだ。ただインスタントという事を考えれば飽きのこない薄味の方が良いのかも知れない。

冷やし中華といえば私は家庭で作るときにはいつもトッピングを何にしようかで迷ってしまう。まさか中華料理屋のように錦糸玉子やらハムやらキュウリやらトマトやらたくさんのトッピングを用意するのもめんどくさい。たいていの場合はこまかく刻んだウインナーを麺といっしょにゆでて、あとはキュウリとねぎを刻んで食べている。

しかしインスタント袋麺が俄然面白くなってきたなあ。ただでさえカップ麺はよく解らない新製品をどんどん発売しているのだから、こうやって袋麺の方もいろいろな新製品を発売してもらいたいと思う。生き残るのはそのうちのわずかだろうと思うが、各社にはどんどんチャレンジしてもらいたいものだ。

サッポロ一番 麺の力 坦々麺が新発売! 麺はなかなか、スープは…?

以前、濃厚なスープが旨い! サッポロ一番 担々麺サッポロ一番 麺の力 ちゃんぽん はだめだめだったという記事を書いたのだが、この度 サッポロ一番 麺の力 坦々麺 という新商品が発売されたみたいなので早速買って食べてみた。

まず麺だが、これまたちゃんぽんの時の同じ油揚げ麺だけど、サンヨー食品の涙ぐましい商品開発努力のおかげか以前と違ってなかなか健闘している。ストレートな中太麺で食感はツルツル、私の好みとは違うがようやく他社と同じスタートラインに立ったという感じだ。

次にスープだがこれはまあ以前からある担々麺とほとんど変わらず、インスタントにしてはかなり旨い部類に入る。昔ながらの醤油や塩が好きだという人には濃すぎる味付けだが、まったりとしたゴマと味噌の味わいが食事の満足感を引き立ててくれる。欲を言えばもう少し辛口の方が好みなのだが、それは自分で豆板醤でも足せばいいだろう。

という事で私はもう食べる前から気に入ってしまう事が解っていたので、5食入りパックをまとめ買いしておいた。担々麺があまり好きではないという人にはおすすめできないが、好きだという人にとってはインスタントでこれほど旨い担々麺はまず無かった事だからだ。

いやあ素晴らしい。以前と変わらぬちゃんぽんを発売した時にはサンヨー食品もお終いだなと思ったが、こうしてあえて他社と同じ土俵で戦わずに個性的な商品を出してくれると消費者としてもインスタント麺を食べるのが俄然面白くなる。

次はどちらの会社でも良いので太麺のとんこつ醤油味をどうかお願いします。

エースコック 飲み干す一杯 担担麺を食べた感想

今回もカップ麺を食べた感想である。今回食べたのはエースコックの 飲み干す一杯シリーズの担担麺。やはりカップ麺はオーソドックスな醤油とか味噌とかより、こういう少し変わり種のスープが楽しめるのが良い。この前食べたサッポロ一番の担々麺も高評価だったが、何気に私は担々麺好きなのである。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
エースコック 飲み干す一杯 担担麺 @ 楽天市場

さて「飲み干す一杯」という名前がついてるからにはスープに力を入れているのだろうと思って食べてみると、これが実に旨い。お店の担々麺にはかなわないものの、通常価格帯でありながら高級カップ麺のスープ並のコクと味わいを再現している。その分、麺の方は若干貧弱な安物カップ麺のような歯ごたえだったが、それを補ってあまりあるスープの味わいである。極論してしまえば、この麺で食べるよりもスープに直接ご飯をぶっこんでラーメンライスとして食べたくなる程スープと麺の味にギャップがある。

この辺のギャップを良しと思えるかどうかが、このカップ麺を旨いと思えるかどうかの分かれ道だと思うが、私はこのスープが食べたくて定期的にこのカップ麺を買ってしまいそうだ。

スパムの薄切りをチャーシュー代わりにラーメンに入れると旨い!

昨日はじめてスパムの缶詰を食べてその旨さにびっくりした私だが、1回では食べきれなかったので色々バリエーションを変えて食べている。

その中でも「これは!」と思ったのが、スパムを程よい薄さに切ったものをフライパンで焦げ目が付くまで焼いて、チャーシュー代わりにラーメンに入れて食べるという食べ方だ。

チャーシュー代わりにしては若干柔らかいが、焦げ目の香ばしさと程よい脂身の味わいが絶妙に旨い。しみだした肉汁がスープに混ざると袋麺のあっさりしたスープが途端に味わい深くなる。

これまで私はインスタントの袋麺を食べるときにはチャーシュー代わりにウインナーを細かく刻んで入れていたのだが、これはどうしてもチープな印象が拭えなかった。かといって袋麺の具としてチャーシューをわざわざ買ってきて入れるというのもなんだかバランスが悪い。しかしスパムを焼いたチャーシュー (豚肉を焼いてるんだからこれも立派な「焼豚」だ) は味とコストの両面で、袋麺とのバランスが実に良い。何より本当に旨い。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
ホーメル スパム レギュラー @ 楽天市場

もう私は完璧にはまってしまっているようで、本日もスパムを何個か追加注文してしまった。しばらくは色々試して楽しめるだろう。

日清 麺職人 酸辣湯麺を食べた感想

ここ最近ずっとインスタントの袋麺を食べた感想ばかりを書いてきたが、たまにはカップ麺を食べた感想も書いてみようと思う。今回食べたのは 日清食品の麺職人シリーズの酸辣湯麺(サンラータンメン)

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
日清 麺職人 酸辣湯麺 @ 楽天市場

カップ麺の良い所はこのようにちょっと変わり種のラーメンが手軽に楽しめる所だと思う。酸辣湯麺なるラーメンはこれまで過分にして聞いた事がなかったのだが、文字を見るにおそらく酸っぱかったり辛かったりするのだろう。

作り方は特に変わった所はなく、かやくを麺の上にあけ、お湯を注いで4分たったらスープを入れてかき混ぜればできあがり。

麺職人という名前なので麺はどんなもんかと期待してみれば、生麺っぽい食感のノンフライの細麺である。まるで素麺のような細さなので特に細麺が好きだという人でもなければ特筆して旨いという程ではないだろう。

スープは予想どおり、お酢の酸味に唐辛子などの辛味を足した面白い味で、どことなく東南アジアっぽい雰囲気がある妙にクセになりそうなスープだった。具は掻き玉子にシイタケ、ネギ、キクラゲと中華の定番が入っているが、これが鶏肉や香菜だったらより東南アジアっぽい感じになるような気がする。

総評としてはスープは実に面白いという感じではあるが、すぐにまた食べたくなるという程でもなく、太麺好きの私としてはもう一度食べたくなるような味ではなかった。酸辣湯麺という新しい味を提供したという点では評価して良いと思うが、それ意外に特に評価する点は見つからないだろう。