食品・飲料」カテゴリーアーカイブ

サッポロ一番 麺の力 坦々麺が新発売! 麺はなかなか、スープは…?

以前、濃厚なスープが旨い! サッポロ一番 担々麺サッポロ一番 麺の力 ちゃんぽん はだめだめだったという記事を書いたのだが、この度 サッポロ一番 麺の力 坦々麺 という新商品が発売されたみたいなので早速買って食べてみた。

まず麺だが、これまたちゃんぽんの時の同じ油揚げ麺だけど、サンヨー食品の涙ぐましい商品開発努力のおかげか以前と違ってなかなか健闘している。ストレートな中太麺で食感はツルツル、私の好みとは違うがようやく他社と同じスタートラインに立ったという感じだ。

次にスープだがこれはまあ以前からある担々麺とほとんど変わらず、インスタントにしてはかなり旨い部類に入る。昔ながらの醤油や塩が好きだという人には濃すぎる味付けだが、まったりとしたゴマと味噌の味わいが食事の満足感を引き立ててくれる。欲を言えばもう少し辛口の方が好みなのだが、それは自分で豆板醤でも足せばいいだろう。

という事で私はもう食べる前から気に入ってしまう事が解っていたので、5食入りパックをまとめ買いしておいた。担々麺があまり好きではないという人にはおすすめできないが、好きだという人にとってはインスタントでこれほど旨い担々麺はまず無かった事だからだ。

いやあ素晴らしい。以前と変わらぬちゃんぽんを発売した時にはサンヨー食品もお終いだなと思ったが、こうしてあえて他社と同じ土俵で戦わずに個性的な商品を出してくれると消費者としてもインスタント麺を食べるのが俄然面白くなる。

次はどちらの会社でも良いので太麺のとんこつ醤油味をどうかお願いします。

サッポロ プレミアムアルコールフリーが500mlに増量されてお買い得になった!

以前、アサヒのドライゼロサントリーのオールフリーというノンアルコールビールを飲んで以来、よくノンアルコールビールを飲んでいる私だが、いかんせんその値段が気になっていていた。価格としては第3のビールとほぼ同じくらいですごく高いという訳でもないのだが、ノンアルコールなのにアルコール飲料と同じ値段というのは少し微妙である。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
サッポロ プレミアムアルコールフリー増量缶 @ 楽天市場

そう思っていたら350ml缶でこれまでまったくノーマークだったサッポロのノンアルコールビールが、お値段そのままで500mlに増量という嬉しい事をしてくれた。これで味がよければアサヒのドライゼロから乗り換えようと試しに買って飲んでみると、これがなかなか旨い。味としてはドライゼロの麦芽感を増やして苦味を増したような感じで、きちんとビールを飲んでいる雰囲気がある。私はどちらかというとドライゼロの味の方が好みではあるのだが、日常的に飲むとしたら値段も考慮してサッポロプレミアムアルコールフリーでも何の遜色もない。

これでサッポロのノンアルコールビールがシェアを伸ばせば他社もきっと価格を下げてくるだろうから、それまでこのプレミアムアルコールフリーを飲んで応援しる事にした。ちなみにサントリー オールフリーはたとえ値段が下がっても飲むつもりはない。

いなばの缶詰「チキンとタイカレー」シリーズが充実してた!

半年ほど前、いなばの缶詰「ツナとタイカレー」が超絶上手い件という記事を書いたのだが、先日久々にスーパーにてタイカレーシリーズを買って食べようと思ったら、当時イエローカレーだけだった「チキンとタイカレー」にグリーンとレッドという新味が追加されていた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
いなば チキンとタイカレー @ 楽天市場

「やっぱタイカレーにはチキンだよね」と、早速買って食べてみたらやっぱり旨い! 具の量はツナとタイカレーと比べると少なめだが、チキンならではのジューシーな食感はやはり良いと思う。タイカレーの味は缶詰とは思えないほど本格的で、辛味・酸味に加えてココナッツミルクのまろやかさがしっかりと出ている。

ただ全体的な量は相変わらず少なめで、できれば2個買って大盛りのご飯と一緒に食べたい所だ。カレーが旨いのでご飯がすすんでしょうがない。

こうして素早いシリーズ展開が行われたという事はやはり隠れたヒット商品として着実に売り上げを伸ばしているのだろう。ただ私としては単なるヒットでは終わらない息の長い商品となって欲しいので、気が向いたらたまに買って食べるようにしたい。値段もさる事ながらここまで手軽に本格的なタイカレーを味わえるのはすごく嬉しい。

ディアナチュラビタミンCは、ニキビに効くのか

以前、増え始めたニキビ予防のために、ディアナチュラビタミンB群というサプリメントを飲み始めたという話をしたのだが、そちらで一定の効果が感じられたので、さらに欠乏しがちなビタミンを補うためにビタミンCのサプリメントも併せて飲んでみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
ディアナチュラビタミンC @ 楽天市場

結論から先に言うとビタミンB群のサプリメントと同様に、これらを飲んでいるだけでニキビを完全に防げるわけではない。ただビタミンCのサプリメントを飲みはじめてすぐに感じた効果としては「余分な脂の分泌が少なくなった」

私はもともと脂性の体質で、冬だというのに洗顔をしてもすぐに顔が脂っぽくなってしまっていた。乾燥を防ぐという意味では必要な脂分だが、それがあまり多すぎるとニキビの原因となるだけに、ずっと悩みのタネであった。それがビタミンCのサプリメントを飲み始めた途端、それはもう翌日には余計な脂が抑えられ、かといって肌が乾燥するというわけではなく、快適な状態が長く保たれるようになって実によい感じである。

肝心のニキビについてはすでにビタミンB群によってある程度の改善がみられていた事もあって、目に見えて大きな改善が見られるというほどでは無い。しかし肌のコンディションについてはあきらかな改善が見られるので、実感としてニキビにもきっと良いであろうという確信は持てた。

なので栄養が偏りがちな食生活をおくっている方でニキビに悩んでいるという方は、まずはビタミンB群、そしてビタミンCを試してみられてはいかがだろうか。2つ買っても60日分で800円せず、ニキビ用の洗顔料とほぼ同額かそれよりも安いくらいなので、試してみる価値はあるだろう。

大人のキリンレモンを飲んだ感想

最近晩酌のビールの代わりにノンアルコールビールを飲むようになったのだが、これをしばらく続けているとノンアルコールビール自体もあまり飲まなくなって、その代わりに炭酸飲料をよく飲むようになってきた。

もともと私がコーラ好きだというのもあって、カロリーだけでなくカフェインもゼロというコカ・コーラ ゼロフリーや三ツ矢サイダー オールゼロなんかを飲んでいたのだが、この手の炭酸飲料は甘みが強い事もあってずっと飲んでいるとさすがに飽きがくる。

そこで甘みが抑えられた、それでいて飲み口が爽やかな炭酸飲料が無いか探していたら、この大人のキリンレモンを見つけたという訳だ。商品説明には「レモン感・甘みをアップさせ、カロリーゼロながらも飲み応えある味覚」と書いてあるが、まあそれほど甘くはない。それよりもレモンの爽快感が心地よく、ノンアルコールのレモンサワーを飲んでいるような爽快感がある。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
キリン 大人のキリンレモン @ 楽天市場

ここで本音をいえば、本当は焼酎を割ってレモンサワーを作るためのいわゆるハイサワーを焼酎を入れずにストレートで飲むのが一番おいしく飲めるのだが、この手の商品は残念ながら微妙に値段が高いので、このキリンレモンで代用しているという訳だ。

結果としてビールを飲んでいた時に比べて肝臓や胃腸の調子はいいし、カロリーは抑えられているし、その上お財布にも優しいといいことづくめである。いきなりお酒を止めるというのは難しいと思うが、ノンアルコールビールから始めて徐々に炭酸飲料などのソフトドリンクにシフトいけば止めるまでいかなくとも酒量を減らすことはできると思う。

サントリー オールフリー ノンアルコールを飲んだ感想

以前、アサヒのドライゼロというノンアルコールビールを飲んで以来、定期的にこちらを愛飲していた私だったが、たまには他社のノンアルコールビールも飲んでみようと サントリーのオールフリー というのを飲んでみた。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
サントリー オールフリー ノンアルコール @ 楽天市場

オールフリーという名前は、なんとアルコール分だけでなくカロリーや糖質までもがゼロという事らしい。特にカロリーもゼロというのがアピールポイントなのだと思うが、もともとそれほど量を飲むわけではないノンアルコールビールのカロリーは私としてはそれほど気にならないので、むしろカロリーをゼロにする事によって味が落ちる事の方が心配になってくる。

で、飲んだ感想としては「これはビールではないな」というものだった。アサヒのドライゼロがかなりビールに近い味を再現していたのに対し、こちらはなんか麦汁の炭酸水をそのまま飲んでいるような気がする。原材料名のところを見てみると一番始めの部分に「麦芽、ホップ」と書いてあり、本来であれば「糖類(水あめ、果糖ぶどう糖液糖)、大豆ペプチド」と書いてあるドライゼロに比べて、ビールと同じ原材料を使っているオールフリーの方がビールに近い味になっても良いはずだが実際には逆の結果となっている。

理由については素人ながら思い当たる事がないでもない。そもそもビールというのは大麦に含まれる澱粉が発芽して麦芽となる事によって糖に分解され、その糖をビール酵母がアルコール発酵する事によって作られる。だからサントリーはノンアルコールビールを作るために、いかにこのアルコール発酵をさせずに麦芽の糖分を取り除くかという事に注力して商品を開発したのだろう。しかしその結果としてオールフリーには糖を取り除いた後の麦芽の匂いと味が色濃く残る事となっている。それに反してアサヒの方は最初からビールに近い味のする炭酸飲料を「人工的に」作りだす事に注力したようだ。こちらは逆に水飴、つまりは麦芽糖を加えてビールが持つほんのわずかな甘みを出し、苦味については第3のビールの原料としてもよく使われる大豆ペプチドで再現している。

おそらくオールフリーの方が原材料費のコストがかかっているのだろうが、どちらがよりビールに近い味を再現しているかと言えば、私としてはドライゼロの方に軍配を上げる。しかし実をいうと、私の場合このドライゼロを飲むようになってからビールを飲む回数が減り、さらにはこのドライゼロを飲む機会までもが段々と減っていきているので、長い目でみればどちらの会社にとっても良い事にはならないのかも知れない。私自身は身体も健康になるしお金も節約できるしでいいことづくめなのだが。

ディアナチュラビタミンB群は、ニキビに効くのか

ここのところインスタントラーメンとかジャンクフードばかり食べていたせいか、顎や首筋を中心にニキビや吹き出物がよくできるようになってしまった。それならば食生活を改善するのが本道だとは解っているのだが、もともとこの辺にはよくニキビができやすい体質だという事もあり、今回試しにサプリメントに頼ってみる事にした。

今回試したのはアサヒフードアンドヘルスケアの ディアナチュラビタミンB群。最初はチョコラBBを買おうと思っていたのだが、今回は体質・栄養改善を目指すという事で医薬品ではなくサプリメントを選択する事にした。値段もチョコラBBが1日2錠・250錠(125日分)で約3,000円するのに対し、ディアナチュラビタミンB群は60日分で450円程度とかなりお買い得だ。またチョコラBBが医薬品なのでニキビに効くとはっきりと効能を謳っているのに対し、食品であるディアナチュラにはそういう事は書いてないが、ビタミン含有量はほぼ同じである。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
ディアナチュラビタミンB群 @ 楽天市場

さてそれでは本題である。「ディアナチュラビタミンB群は、ニキビに効くのか」

飲み始めて1日~3日くらいは効き目はまったく感じられない。いつもどおりニキビができるし特に変わったところは見られない。

1週間程度経過すると、やはりニキビはできるようだが、悪化して赤く腫れるという事が少なくなってきたように感じる。また以前にできていたニキビ跡が消えていくに従ってニキビが全体的に目立たなくなってきた。

1ヶ月程度経過すると、少しニキビができるのが減ってきたように感じる。脂っこい食事をしたり、睡眠が十分にとれなかったりすればニキビができるのだが、翌日気をつけていれば悪化する事もなくすぐに治まるようである。

結論としては、「ディアナチュラビタミンB群はニキビに効く、しかしこれだけでニキビが完全に防げる訳ではない」。あくまでニキビができる原因の一つである栄養的な要素を改善する事ができるというだけだ。だからもともと栄養が十分に足りている人が飲んでもほとんど効果は無いだろう。

だから本来ならばサプリメントに頼らず日頃の食事で十分にビタミンB群を取るようにすべきだと思うのだが、私としては好きなものをおいしく食べたいとも思うので、しばらくはこのサプリメントに頼る生活を続けてみようかと思う。

カゴメ 押し麦ごはんで 沖縄風トマトタコライスを食べた感想

ラーメンや蕎麦ばかり食べていてもアレなので、たまには趣向をかえてレトルトに手を出してみた。今回試したのは、カゴメ 押し麦ごはんで 沖縄風トマトタコライス

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
カゴメ 押し麦ごはんで タコライス @ 楽天市場

パッケージの雰囲気もどことなくオシャレで、何より前面に カロリー228Kcal なんて書いてある。どちらかと言えば男性よりも女性が好んで食べそうなイメージ。作り方は簡単で、フタを開けたらソースが2種類入っているのでミートソースをご飯の上にかけ、再度フタをしてレンジで1分半待つ。そして温まったらレンジから取り出しサルサソースをかけて出来上がり。

味わいとしては可もなく不可もなくといった印象。「沖縄風トマトタコライス」なんていってるけど、ご飯の上に安物のミートソースをぶっかけてタバスコを少しかければ簡単に似たような味が再現できるだろう。カロリーを抑えるためなのかご飯の分量が少ないのでどうしてもソースの味が濃く感じる。

全体的な量としてもやはり物足りなく感じるし、朝食などに軽く食べるにしては味が濃すぎる。たまに変わった食事を、しかも手軽に、という感じで食べる以外でこれをもう一度食べたいとは思わないだろう。何より味が中途半端だった。

やっぱりおいしい! マルちゃん 緑のたぬき 天そば

ここ最近インスタントラーメンの話ばかりしていたが、何も私は毎日ラーメンばかり食べているわけではない。普通のご飯もちゃんと食べているし、麺類だけでも蕎麦やスパゲティも食べている。

特に蕎麦が大好物で、マルちゃんの正麺を食べたショックでインスタントラーメンに目覚める前はほぼ毎日蕎麦を食べていた。そして今回の話もその マルちゃんの緑のたぬき。私は別に東洋水産の回し者ではないのであしからず。別に拘ってるわけではないので、買う時にどん兵衛の方が安かったらどん兵衛でも良いのだ。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
マルちゃん 緑のたぬき 天そば @ 楽天市場

蕎麦は乾麺や生麺も安いのでインスタントのカップ蕎麦を食べることはほとんど無いのだが、ごくまれにこの緑のたぬきだけは妙に食べたくなる時がある。焼きそばとカップ焼きそばがまったく別物な様に、蕎麦とカップ蕎麦も別物だと私は思う。

油であげたが故に妙にぼそぼそとした田舎そばのような食感、天ぷらのせいで油っぽくなって関東人が食べても味が濃いと感じる麺つゆ、もし蕎麦屋で出されたら海原雄山でなくても怒りだしそうなめちゃくちゃなこの蕎麦が、たまに食べると本当に旨い。お酒を飲んだ後だと特に旨い。

普通にご飯として食べると少し物足りない。かといって大盛りを買って食べるというのはちょっと違う。あくまでお酒の後や、ちょっと小腹が空いた時の夜食として食べると旨いのだ。

エースコック 飲み干す一杯 担担麺を食べた感想

今回もカップ麺を食べた感想である。今回食べたのはエースコックの 飲み干す一杯シリーズの担担麺。やはりカップ麺はオーソドックスな醤油とか味噌とかより、こういう少し変わり種のスープが楽しめるのが良い。この前食べたサッポロ一番の担々麺も高評価だったが、何気に私は担々麺好きなのである。

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
エースコック 飲み干す一杯 担担麺 @ 楽天市場

さて「飲み干す一杯」という名前がついてるからにはスープに力を入れているのだろうと思って食べてみると、これが実に旨い。お店の担々麺にはかなわないものの、通常価格帯でありながら高級カップ麺のスープ並のコクと味わいを再現している。その分、麺の方は若干貧弱な安物カップ麺のような歯ごたえだったが、それを補ってあまりあるスープの味わいである。極論してしまえば、この麺で食べるよりもスープに直接ご飯をぶっこんでラーメンライスとして食べたくなる程スープと麺の味にギャップがある。

この辺のギャップを良しと思えるかどうかが、このカップ麺を旨いと思えるかどうかの分かれ道だと思うが、私はこのスープが食べたくて定期的にこのカップ麺を買ってしまいそうだ。