ウエスタンデジタル WD Blue WD30EZRZ 3TBを買った感想

バックアップ、データ保存用のハードディスクの容量が少なくなってきたので、ウエスタンデジタル社の3TB HDD、WD Blue WD30EZRZを買った。まあアクセス速度とか静音性とか発熱とか、今時のハードディスクで語ってもあまり意味がない様な気もするので購入時の雑感などを書いてみる。

WD Blue WD30EZRZ 3TB @ Amazon

まずアマゾンで売ってるのは「Amazon.co.jp 限定」と銘打った、メーカー保証が通常の2年から2年半へと半年延長された特注バージョンだ。3年ならともかく2年半というのはまた微妙だが、値段が他とあまり変わらないようなら少しでも保証期間が長い方を選んだ方が良いだろう。

なおアマゾンのいわゆる「フラストレーションフリーパッケージ」という梱包はハードディスクを送るにはあまりに簡素だという事で嫌う人も多いが、私はあまり気にする必要はないと思う。ハードディスクが精密機械で衝撃に弱いというのは周知の事実だが、精密機械として常識的に取り扱っていれば稼働時はともかく電源が入ってない状態で壊れる事はめったにない。

運搬時に手荒に取り扱われた事による故障を心配するなら、到着したハードディスクを使用する前にウエスタンデジタル社の公式ツール「Data Lifeguard Diagnostic」を使用して初期不良がないか念入りにチェックをすれば良いのだ。私はハードディスクを買ったら必ずメーカー公式の診断ソフトで初期不良がないかチェックをする事にしている。そしてこの手の精密機械の常として、初期不良がなく使用環境に問題がなければ期待される製品寿命を全うする可能性は極めて高い。

逆に言えば発送時の梱包状態がいかに万全でも、それ以前の倉庫でどの様に扱われていたのか解らないのだからハードディスクを買ったらまず診断ソフトでチェックする様にした方が良いと私は思う。

アマゾンのフラストレーションフリーパッケージはともかく、ポイントセールなども含めると楽天の方が安い事も多い。
WD Blue WD30EZRZ 3TB @ 楽天市場

ただ楽天でハードディスクを買う時に注意すべき事として、「バルク」と記載のある商品の中にはメーカー保証のないものが含まれている事があるので購入前には商品ページをよく確認した方が良い。上記のとおり初期不良がなく使用環境に問題がなければハードディスクが2年以内に故障する事はめったにないが、値段があまり変わらないのであれば保証期間は長い方が良い。その辺も考慮しつつどの店舗で購入するか決めれば良いと思う。

なお今回私の購入した WD30EZRZ は初期不良もなく実に快適に使用できている。

Amazonプライムビデオで「武士の献立」を見た感想

Amazonプライムビデオで「武士の献立」を見た。

「武士の献立」は江戸時代の加賀藩で料理人を務めた侍、舟木伝内の息子に嫁いだ料理上手な女中の物語だ。監督は朝原雄三で主演は上戸彩。まあ「包丁侍」と非公式に呼称される料理をする事で仕える侍がいるというのは意外というか盲点だった。そりゃまあ大名だって当然食事はするだろうが、そういう事は女中がするものとばかり思っていた。事実この包丁侍こと舟木家では特別な時を除いて料理は奥方や女中らしき女性がしている。

それはさておきこの手の時代劇らしく一応の山場として加賀藩のお家騒動なんかに巻き込まれたりもするが、基本的にはかつて剣の道を志し料理にはまったく興味のない安信をいっぱしの料理人に仕立て上げる上戸彩演じる春の奮闘が描かれている。

食材や衣服など生活に密着した部分での映像は鮮やかで、というか鮮やか過ぎて若干リアリティに欠けるが(冷蔵技術の無い時代にしては魚が新鮮すぎるし、遠方から数日かけて運ばれてきたであろう野菜も色鮮やかすぎる)、料理を美味しく見せるのもこの映画のエンターテインメントなのだろう。使い込まれているはずの台所のまな板など料理道具が綺麗すぎるところも気になったが。

つまらないという訳ではないけど、あえて人に勧めるほどではなかったかな。

Amazonプライムビデオで「隠し剣 鬼の爪」を見た感想

Amazonプライムビデオで「隠し剣 鬼の爪」を見た。

前回見た たそがれ清兵衛 と同じく、藤沢周平の短編時代小説を山田洋次監督が映画化した作品だ。主演は永瀬正敏である。

話の大筋は同様の指摘がアマゾンのレビューにもあったが、たそがれ清兵衛とほぼ同じ。実は剣の腕は立つがうだつの上がらない侍が、武士の世界のしがらみで一緒になる事ができない幼馴染的な女性となんやかんやあった後に、謀反の罪を着せられて立てこもるかつての同僚にして剣の達人を討てという命令をいかにも悪そうな家老から受けるという流れ。

ただ私はたそがれ清兵衛に比べるとこの「隠し剣 鬼の爪」の方がよりハードボイルドな印象を受けた。清兵衛と違いこの作品の主役の片桐宗蔵は独身だし、藩命を受けてそれを果たした後の行動とその結果がいかにもハードボイルドだ。さらにその後の行動についてはハードボイルドではないが、全体的には時代劇風ハードボイルドと言っても良いと思う。

まあ黒澤明監督と三船敏郎のコンビの七人の侍を始めとしたかつてのアクション時代劇の方がハードボイルド要素は強いかも知れないけど。結論としてたそがれ清兵衛を見て面白いと思った人は見て損はないと思う。話の大筋が似てたら似てたで、今度はわずかな違いを楽しむという方法もある。

Amazonプライムビデオで「たそがれ清兵衛」を見た感想

Amazonプライムビデオで「たそがれ清兵衛」を見た。

たそがれ清兵衛は藤沢周平の同名の短編時代小説他2編を原作として監督: 山田洋次、主演: 真田広之で制作された本格時代劇である。藤沢周平の小説は私の父が昔から大好きで私も子供の頃から何冊か読んだ事があるが「たそがれ清兵衛」は読んだ事があるかどうか覚えていない。それはさておきこの映画を見た私のシンプルな感想は「現代人が見てリアリティを感じる命のストーリー」というものだった。

「本格時代劇」なる時代劇の分類はたびたび耳にしてきて、これまでにもそういった作品を何度か見たことがあるが、要するに昭和のチャンバラ中心の時代劇と違って時代考証をある程度ちゃんとした上で現代人にも共感を呼びやすい人間ドラマを描くジャンルなのだと思う。その意味ではこの「たそがれ清兵衛」はまさに現代の大人が見て最も共感を呼びやすいヒーローとして創られている。

出世や裕福になる事は望まない。早くに妻を亡くし、年老いた母と幼い子供二人とつつましく暮らし、着の身着のまま薄汚れた身なりをしているが実は剣の達人で、幼馴染の美人に密かな恋心を抱かれている。身もふたもない言い方をすれば自信を喪失した現代日本のハードボイルド、大人向けのライトノベル、このある意味とてもチープな設定が山田洋次監督の映像美と真田広之の見事な演技によって昇華されている。

登場人物の演技はほぼ全編に渡って素晴らしいが特に主演の真田広之と田中泯の殺陣のシーンが最高だ。二人とも剣の達人のはずだが、いわゆるチャンバラのような派手はやりとりはない。一瞬のスキを見せれば切られるという緊張感からか達人といえでも恐る恐る剣撃を繰り出し、そして実際にほんのわずかなミスによって勝敗が付く。そして若干芝居がかった点もあるが田中泯の絶命シーン。本格と言いつつも殺陣がクライマックスになるのは時代劇の宿命か。

結論として非常に面白かった。まだ見た事ない人にはぜひおすすめする。

Amazonプライムビデオで「ポリスアカデミーシリーズ」を見た感想

Amazonプライムビデオで映画「ポリスアカデミー」のシリーズ全7作品を全て見た。

本当に懐かしい。私が子供ころTVの映画番組で何度も放送されてて大好きだったのを覚えている。陽気なイケメンのマホニー、ハッピートリガーな性格のタックルベリー、声帯模写が得意なジョーンズ、背が高く力持ちのハイタワー、普段は気弱だがキレると怖いフックス、元ギャングのボスでおつむの弱いゼッド、他にラサール校長や敵役でやられ役でもあるハリス警部やマウザー警部など個性的で魅力的なキャラクターが満載だった。同じように個性的な警察官が活躍するアニメ・漫画の機動警察パトレイバーにも影響を与えているらしい。そういえば太田功はタックルベリーだし、進士幹泰は所帯持ちのファックラーとフックスの合成で、山崎ひろみはハイタワーと似てると言えなくもない。

それはさておきポリスアカデミーの話だが、この手の連作映画の宿命として初期シリーズこそ面白いものの回を重ねるごとに駄作になっていくというものがあるが、このポリスアカデミーも残念ながらそこは変わらない。自信をもって面白いと言えるは1から3くらいまでで、4以降はマンネリすぎて見るに堪えなくなってくる。アニメ作品であるパトレイバーのように怪獣やスパイがでてきたりとか、コメディなんだから常識にとらわれずやりたい事やっちゃえばいいのに、意外にも常識的というか警察の仕事の範疇を超えないという制約下でのストーリー作りに早々に無理が来たという感じだ。

まあ無理に7作品見ようとすれば文句の一つも言いたくなるがプライムビデオなら無料なんだし昔好きだったという人は1から3あたりまでは見てみる事をおすすめする。古い作品だけあって当時の時代を反映したシーンが結構面白く、スケボーやラップが「ナウい」ものとして扱われていたり(今から見るとすごくダサイ)、最後の7なんかではゲームボーイを持った悪人が世界中のコンピューターに侵入できる「パスキー」を開発させようとするなど、「当時はこんなのが通用してたんだな」と半ばあきれる感じに楽しめる。

Amazonプライムビデオで「ミニオンズ」を見た感想

Amazonプライムビデオで「ミニオンズ」を見た。

ミニオンズは2015年、ユニバーサルスタジオの3DCGアニメ専門子会社イルミネーション・エンターテインメントによってつくられた3DCGアニメだ。3DCGアニメといえばピクサーやドリームワークスという印象が強いが、興行収入ではほぼ同格の争いをしている。

そのイルミネーション・エンターテインメント唯一のキラーコンテンツが怪盗グルーとその手下の黄色く背の小さい生物「ミニオン」が登場するシリーズであり、今回のミニオンズはそのミニオン達がグルーと出会うまでの物語を描いた作品となっている。なおシリーズ第1作目となる「怪盗グルーの月泥棒」もプライムビデオで見られるみたいなので、どちらから先に見てもよいけどぜひ両方見てもらいたい。

怪盗グルーシリーズは登場人物がみんな可愛らしいが、特に最強最悪の主に仕えることを生きがいとしている黄色い生物のミニオン達がすごく可愛い。その人気の高さからスピンオフ作品が作られるほどだが、基本的に「良い子」ばかり登場するハリウッドのアニメ作品の中で「悪」を好むキャラというのが良い。もちろん本当の意味で悪いわけでなく、いたずら好きの子供程度の悪なのだが、そこがとてもかわいい。昔からよく言われる「ダメな子ほどかわいい」というのは真実だ。

ほのぼのした映画でのんびり癒されたいという人はぜひどうぞ。

Amazon Fire HD 8 タブレットを買った感想 コストパフォーマンス最高 プライムビデオと併せてさらに便利なタブレットに

つい先日アマゾンのプライム会員になった私だが、その恩恵を最大限に活用すべく8インチのタブレット端末、Fire HD 8 タブレットを購入した。

Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

スペック

詳細なスペックはAmazonのページで確認してもらうのが一番早いが重要な項目に対して一つづつ感想を述べるとこうなる。

・8インチHD、IPSディスプレイ、解像度1280×800、189ppi
フルHD(1920×1080)ではなくHDという事で抜群に良いとは言えないが、7インチのFireタブレット (1024×600、171ppi)よりは解像度が良い。値段を考慮すればコスパは最高と言って良いだろう。

・CPU クアッドコア最大1.3GHz
私がこれまでに使用していた Kindle Fire HD 7 タブレット(第3世代)はデュアルコアだったので、それと比べると処理性能が確実にアップしている事が実感できる。前は少しもたつく事の多かった動作がスムーズにできるようになった。

・メモリ 1.5GB
今時のスマホと比べても少ないので、処理の重いゲームをやるという人には向かないと思う。FireタブレットはKindleの電子書籍やプライムビデオを中心にアマゾンのコンテンツを最大限活用できるように作られているのだ。

・Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー
安いわりに他のタブレット端末と比べても優秀な部分がこれ。ドルビーの技術を使用したステレオスピーカーはタブレット端末にしてはとても音が良い。本格的に音楽を楽しもうと思ったら Bluetooth スピーカーを使った方が当然音は良くなるが、動画を見たり音楽を聴いたりする時に手軽にそこそこ良い音で聞けるというのはかなり便利だ。さすがアマゾンは良く解ってる。

・microSDカードスロット 200GBまで対応
今回のFireタブレットで地味に嬉しい機能がこれ。本体のストレージ容量は16GBと32GBの二種類があるが、microSDカードを差し込めば最大200GBまでストレージ容量を増やす事ができる。AppleのiPadやGoogleのNexusは自社のクラウドサービスを使わせたいのか頑なにSDカードスロットを付けようとはしないが、Amazonは顧客のニーズに応える精神をいくらか持っているようである。

なおFireタブレットのページでは 【Made for Amazon認定取得】をうたったSanDiskのmicroSDXCカード が本体と一緒に購入できるようになっているが、少し割高なので粗悪品でない限り他社の同クラスのmicroSDXCカードを選んだ方が安く買える。なお私が買ったのはクリスマスセールで安くなっていた Samsungの64GBのmicroSDXCカード だ。セールでなくてもAmazonの認定を取得したSanDiskのSDXCカードのおよそ半額で買えるし、SanDiskの保証は初期不良1ヶ月だけなのに対し、Samsungは10年保証というのもポイントだ。

・リアカメラ200万画素、フロントカメラVGA(640×480)
画質はとても悪く、付いているだけマシ、あるいは付いて無い方がむしろ良かったというレベル。バーコードリーダーアプリでバーコードを読む時以外に使う機会が思いつかない。

・バッテリー駆動時間 12時間
具体的なバッテリーの容量は発表されてないが、普通に使って約12時間持つという事らしい。動画をぶっ通しで見るなど使い方によっては駆動時間は短くなるだろうが毎日充電する事を考えればバッテリーが多少劣化しても充分使えるレベルだと思う。

・重さ 341g
300gを切る iPad mini4 に比べるとやや重いが、男性が片手で持って使用する分には重さをほとんど感じないほど軽い。私が以前使用していたKindle Fire HD 7 タブレット(第3世代)が約345gなのでほとんど変わっていないはずだが、本体が薄くなって持ちやすくなった分軽い印象を受ける。

おすすめポイント

Amazonの Fire HD 8 タブレット のおすすめポイントはなんといってもそのコストパフォーマンスの高さだ。上記のようなスペックで価格は送料込みで12,980円、今はアマゾンのプライム会員ならさらに4000円オフクーポンを使用して8,980円という破格の値段である。

この4000円オフクーポンのためだけに プライム会員(年額3,900円) になっても良いくらいだが、アマゾンのプライム会員になれば 動画見放題のプライムビデオ音楽聞き放題のプライムミュージック などFireタブレットを使ってとてもたくさんのコンテンツを楽しむ事ができる。

なおプライムビデオを中心としたプライム会員の特典については こちらのページ で詳しく解説しているのでよければ読んでもらいたい。

またプライムビデオで視聴できる映画やドラマを見た感想記事を こちらのAmazonプライムビデオというカテゴリー にまとめているので、すでにプライム会員になったよという人はぜひこちらのカテゴリーの記事も読んでもらいたい。

コイズミ 平形電気あんか KHA-0663を買った感想 最初温度は思ったより低いが使ってみると予想以上に温かい

冬の暖房費節約のために私は去年まで鉄製の湯たんぽを使っていたのだが、毎度お湯を沸かさなければならないのが少し面倒だった。そこでお湯を沸かす手間のいらない小泉成器の電気あんかを買ってみたという訳だ。

コイズミ 平形電気あんか KHA-0663 @ Amazon

今回はアマゾンの方が安かったけどポイントセールなども含めると楽天の方が安い事もある。
コイズミ 平形電気あんか @ 楽天市場

一言で電気あんかと言っても、平形の他に枕の様な形をした山形、柔らかな素材でできたソフト電気あんかなんて種類もあるみたいだが、初電気あんかという事で安くてオーソドックスな平形を選んだ。

使い方は寝る時にコンセントを差して布団の中に入れるだけ。沸騰した100度近いお湯が入ってる湯たんぽと比べて最初は「ぬるいな」という印象を受けるがしばらく経つと予想以上に温かく感じるようになってくる。温度調節機能がついていて「強」が約58度 、「中」約43度 、「弱」約28度という事になってるが、私は一番温かい「強」のまま体の側面に少し離して置いて使っている。

朝使い終わったらコンセントを抜かなければならないのが面倒といえば面倒だが、お湯を沸かさなければならない湯たんぽと比べればはるかに楽ちんだ。さらに便利に使いたければ中間スイッチやタイマー機能付きの電源コードと併せて使うと良いと思う。

電気代も安いので今思えばもっと早くに買っておけば良かったと思う。まだ電気あんかを使った事がないという人にはぜひおすすめだ。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」を見た。

プライムビデオで見られる古谷一行の金田一耕助シリーズもこれで7作目にしてラスト。最後の最後はシリーズ第1作目にして傑作中の傑作であるこの「犬神家の一族」でしめたいと思う。犬神家の一族といえば1976年に監督:市川崑、主演:石坂浩二で撮られた映画の方が有名かも知れないが、こちらのTVドラマも初放映時の最高視聴率は40%を超えるという知る人ぞ知る名作のようだ。

実際私はこれまでにも1976年の映画「犬神家の一族」だけでなく、そのリメイクである2006年の映画「犬神家の一族」も見た事はあるが、このTVドラマシリーズはこれらにない良い部分がたくさんある。

まあ映像美という点では市川崑監督による手腕や、制作にかけられている費用などを鑑みても映画に今一歩譲るかもしれないが、約2時間という時間制限のある映画と違って、1時間ドラマ約45分x5本という時間を使って丁寧に描かれるTVドラマ版の物語の方が登場人物それぞれの心情がより深く解って良い。

また映像美というほどのものではないが、この作品の重要な要素の一つであるスケキヨの仮面は映画版よりこちらの方がインパクトが強い。死体などは時代もあるだろうがいかにも人形という感じで笑ってしまうほどだが。

他にも映画版とこちらのTVドラマ版で違い部分はたくさんあるが、私が特に面白いと思ったのは二代目水戸黄門こと西村晃の演じる古舘弁護士が、黄門様だけあって非常に賢そうで、金田一耕助と並ぶとホームズとワトソンの様な名コンビに見えるなと思うほどだった。おそらく出番も映画版より多かったと思う。

これまでに「犬神家の一族」を一切みた事がないという人はまず1976年の映画版を見る事をおすすめするが、この映画を見た事があって犬神家の一族を再び見たくなったという人にはこちらのTVドラマ版をおすすめしたい。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「悪魔の手毬歌」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「悪魔の手毬歌」を見た。

古谷一行の金田一耕助シリーズを見るのはこれで6作目、岡山の田舎に伝わる手毬歌になぞらえたいわゆる「見立て殺人」が行われるという、横溝作品の真骨頂のような作品である。これまでに映画化されること2回、TVドラマ化は5回、当然物語は面白く全6話というボリュームでも見ていて飽きさせない傑作中の傑作である。

そしていつものように作品の舞台となる昭和30年、今回のTVドラマが製作された昭和52年の時代を感じさせる興味深いシーンがたくさんあった。中でも第1話の冒頭近く、金田一が村の主要な住人を紹介するシーンで「由良五百子(ゆらいおこ)」という老婆の年齢を「なんと驚くなかれ、83歳」と紹介したのが時代を感じさせた。

この頃は田舎の寒村であっても80歳を超える老人の存在は驚くべきものだったのだ。なお平成27年(2015年)における総務省統計局のデータによると、現在わが国の80歳以上のお年寄りの人口は1000万人を超え、総人口に占める割合は7.9%らしい。100人いたらおよそ8人が80歳以上という計算である。同じページに過去のデータも載っていたので昭和30年当時のデータも見てみると、80歳以上のお年寄りの人口は51万人、総人口に占める割合で言うと0.6%、100人に一人もおらず1000人いれば6人ようやく見つかるという計算だ。

他にはすでに無くなった職業としてではあるが「活動弁士」なんて言葉がでてきて実に面白い。登場する家屋も藁ぶき屋根だったりして、主人公の金田一を除いて男性はスーツ姿である事が多いが、女性は着物姿の人が多い。

そういう感じなので原作小説をすでに読んで話のあらすじを知っている人でも、このドラマを見てみるととても面白いと思う。おすすめである。