Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」を見た。

プライムビデオで見られる古谷一行の金田一耕助シリーズもこれで7作目にしてラスト。最後の最後はシリーズ第1作目にして傑作中の傑作であるこの「犬神家の一族」でしめたいと思う。犬神家の一族といえば1976年に監督:市川崑、主演:石坂浩二で撮られた映画の方が有名かも知れないが、こちらのTVドラマも初放映時の最高視聴率は40%を超えるという知る人ぞ知る名作のようだ。

実際私はこれまでにも1976年の映画「犬神家の一族」だけでなく、そのリメイクである2006年の映画「犬神家の一族」も見た事はあるが、このTVドラマシリーズはこれらにない良い部分がたくさんある。

まあ映像美という点では市川崑監督による手腕や、制作にかけられている費用などを鑑みても映画に今一歩譲るかもしれないが、約2時間という時間制限のある映画と違って、1時間ドラマ約45分x5本という時間を使って丁寧に描かれるTVドラマ版の物語の方が登場人物それぞれの心情がより深く解って良い。

また映像美というほどのものではないが、この作品の重要な要素の一つであるスケキヨの仮面は映画版よりこちらの方がインパクトが強い。死体などは時代もあるだろうがいかにも人形という感じで笑ってしまうほどだが。

他にも映画版とこちらのTVドラマ版で違い部分はたくさんあるが、私が特に面白いと思ったのは二代目水戸黄門こと西村晃の演じる古舘弁護士が、黄門様だけあって非常に賢そうで、金田一耕助と並ぶとホームズとワトソンの様な名コンビに見えるなと思うほどだった。おそらく出番も映画版より多かったと思う。

これまでに「犬神家の一族」を一切みた事がないという人はまず1976年の映画版を見る事をおすすめするが、この映画を見た事があって犬神家の一族を再び見たくなったという人にはこちらのTVドラマ版をおすすめしたい。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「悪魔の手毬歌」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「悪魔の手毬歌」を見た。

古谷一行の金田一耕助シリーズを見るのはこれで6作目、岡山の田舎に伝わる手毬歌になぞらえたいわゆる「見立て殺人」が行われるという、横溝作品の真骨頂のような作品である。これまでに映画化されること2回、TVドラマ化は5回、当然物語は面白く全6話というボリュームでも見ていて飽きさせない傑作中の傑作である。

そしていつものように作品の舞台となる昭和30年、今回のTVドラマが製作された昭和52年の時代を感じさせる興味深いシーンがたくさんあった。中でも第1話の冒頭近く、金田一が村の主要な住人を紹介するシーンで「由良五百子(ゆらいおこ)」という老婆の年齢を「なんと驚くなかれ、83歳」と紹介したのが時代を感じさせた。

この頃は田舎の寒村であっても80歳を超える老人の存在は驚くべきものだったのだ。なお平成27年(2015年)における総務省統計局のデータによると、現在わが国の80歳以上のお年寄りの人口は1000万人を超え、総人口に占める割合は7.9%らしい。100人いたらおよそ8人が80歳以上という計算である。同じページに過去のデータも載っていたので昭和30年当時のデータも見てみると、80歳以上のお年寄りの人口は51万人、総人口に占める割合で言うと0.6%、100人に一人もおらず1000人いれば6人ようやく見つかるという計算だ。

他にはすでに無くなった職業としてではあるが「活動弁士」なんて言葉がでてきて実に面白い。登場する家屋も藁ぶき屋根だったりして、主人公の金田一を除いて男性はスーツ姿である事が多いが、女性は着物姿の人が多い。

そういう感じなので原作小説をすでに読んで話のあらすじを知っている人でも、このドラマを見てみるととても面白いと思う。おすすめである。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「真珠郎」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「真珠郎」を見た。

古谷一行の金田一耕助シリーズを見るのはこれで5作目だが、この作品はこれまでと少し趣の違う感じがした。そもそも本来の小説では探偵役は金田一耕助ではなく由利麟太郎という名の、警視庁の元捜査課長という設定だったらしい。横溝正史が戦前に書いていた推理小説はこの由利麟太郎が主人公である事が多く、戦後になって書くようになった作品から新たに金田一耕助が登場する様になった、とこういう事らしい。

なのでこの真珠郎も横溝正史テイストを残しつつも、金田一耕助が登場するシリーズを本格推理小説だとしたら、江戸川乱歩的な怪奇ミステリといった趣が強い。それを昭和のチープな特殊技術でなんとか再現しようとする努力が垣間見られて面白い。当時としては余程の力作だったのか、全3回のドラマの冒頭に必ず真珠郎のシーンが挿入される所などは3回目ともなるともはやジョークに感じられる。

まあつまらないという事はないが、本来の金田一耕助が登場する作品にくらべて若干のインパクトの弱さを感じた事は否めない。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「不死蝶」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「不死蝶」を見た。

古谷一行の金田一耕助シリーズを見るのはこれで4作目。舞台は東京でも西日本でもない信州だが、土地の名家とブラジル移民の娘という横溝作品としては異色な登場人物の組み合わせが少し面白い作品である。カソリックの教会や外国人の神父なんかも登場して、まるで横溝作品のドラマではないような雰囲気も感じられて多少魅力が減少している点もあるが、そこが面白いと言って見るべきように思える。

事件の本筋やトリックなどは時代それなりというかいまや古めかしい印象をどうしてもぬぐえないが、こういう昭和の古い作品ならではある種のゆるい雰囲気を感じる作品はそこそこ面白い。非常にどうでも良い話なのだが、ドラマの冒頭に登場する新聞社の男が若い時のウッチャンナンチャンのナンチャンこと南原清隆にどことなく雰囲気が似ていてそこが妙におかしかった。決して面白くなかった訳ではないが、それ以外にとりたてて話すべき所もない感じだ。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「黒猫亭事件」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「黒猫亭事件」を見た。

古谷一行の金田一耕助シリーズを見るのもこれで3作目。なお横溝正史による推理小説「黒猫亭事件」は、名探偵・金田一耕助が登場するものでは3番目にあたる作品であり、「3」という数字に奇妙な符合があるのはまったくの偶然である。

金田一耕助というと岡山を中心とした西日本を舞台にした作品の方が名作と言われる確率が高いが、今作の舞台は東京・武蔵野、登場人物も名家の一族ではなく大陸からの引き揚げ者が作った酒場を中心に事件が展開する。他にも土建業者やダンスホールなど戦後間もない昭和の雑多な風俗が垣間見えるシーンが多くてなかなか興味深い。ドラマが作られたのは1978年(昭和53年)なのでどこまで当時の雰囲気が正確に再現されてるかは解らないが。

推理小説のトリックとしてはいわゆる「顔のない死体」を扱ったものであり、いかにも古めかしい本格推理小説のていを成している。まあ事件の本筋以外にややこしい相関関係などはなく作品発表当時はともかく現在見ても意外性はほとんどない。1時間ドラマx2本という短い時間で見れるシンプルな構成となっているので暇つぶしで見るにはちょうど良いかも知れない。

Amazonプライムビデオで「うさぎドロップ(実写映画)」を見た感想

Amazonプライムビデオで実写映画版「うさぎドロップ」を見た。もともと私はこの作品のアニメを見てとても気に入り、その後で原作漫画を全巻読んでいたのだが、今回Amazonプライムビデオで視聴できるという事で見てみたわけだ。

なお私は芦田愛菜ちゃんという子役の名前は知っていてもその演技を見たのはこれが初めてなのだが、確かに見ていてとても可愛い女の子だなと思った。ただアニメや漫画のりんの幼くもどこか賢そうなしっかりとした印象と比べて芦田愛菜ちゃんはとても頼りな気で、アニメや原作よりも「かわいそう」という気持ちを強く感じた。ダイキチ役の松山ケンイチは非常によく合っていたと思う。

一番違和感を感じたのはコウキのママがなぜか茶髪のモデルという設定に変更されており、まあ見た目に反してしっかりとした母親なのだが、りんの実母である正子さんの印象にブレを生じさせる結果となっている。

まあ私は別に原作至上主義者でもなんでもないので、多少の改変はそれほど気にならないのだが、時間配分の関係もありアニメの方がやはり色々と丁寧に作られているのでこの映画を見て面白いと思った人はアニメを見てみるか、原作の漫画を読んでみる事がおすすめする。

ただし原作の漫画のラストは、実写映画の改変とかそういうレベルを超えて物議を呼んだりもしたので、作品に対して強く感情移入をしちゃうタイプの人にはあまりおすすめしないが。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「本陣殺人事件」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「本陣殺人事件」を見た。

横溝正史による推理小説「本陣殺人事件」は、名探偵・金田一耕助が初めて登場する記念すべき作品であり、これまでに映画化される事2回、TVドラマ化は3回されている。今回視聴したのは1977年に古谷一行の主演で映像化された「横溝正史シリーズ・本陣殺人事件」というTVドラマシリーズである。

本陣殺人事件は名探偵・金田一耕助のデビューとしてだけでなく、戦後日本で初めて「密室殺人」を題材とした本格推理小説としても有名だ。だがその密室のトリックも、またこのTVドラマシリーズの映像もさすがに現代の感覚で見るとチープな印象が否めない。

前回見た「八つ墓村」と比べても、物語も舞台もスケールが小さいというか物足りなさを感じる。決してつまらない作品という訳ではないが、横溝正史や金田一耕助のファンというのでもなければあえて見る必要はない作品かも知れない。金田一耕助が好きなら彼のデビュー作として必ず見るべき作品ではあるが。

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「八つ墓村」を見た感想

Amazonプライムビデオで古谷一行の金田一耕助シリーズ「八つ墓村」を見た。

横溝正史による推理小説「八つ墓村」は、映画化されること3回、TVドラマされること6回にも及ぶという名作中の名作だが、今回視聴したのは1978年に古谷一行の主演で映像化された「横溝正史シリーズII・八つ墓村」というTVドラマシリーズである。名探偵・金田一耕助を演じた俳優は数多くいるが、やはり私としては石坂浩二かこの古谷一行のどちらかと言うイメージが強い。

これまでに9度も映像化されてる事から「八つ墓村」という日本推理小説の傑作についてはあえて語る必要もないと思うが、このTVドラマシリーズは1978年に作られたというだけあって映像がとても古い。作品の舞台が戦後まもない昭和なのでドラマが作られた時代と20年以上もずれがあるのだが、現在はこのドラマが作られてからさらに30年以上の月日が経っている。どちらも私が生まれる前の話なので想像する他ないが、そのなんとも言えず時代を感じる所が良い。

悪い言い方をすればチープな映像が、横溝正史の描く戦後昭和の世界観と上手くマッチしていて良いのだ。あとは小説一本を1時間ドラマ5本で制作するなど今なら若干間延びした感もある脚本がのんびり見るにはちょうど良い。

この古谷一行の金田一耕助シリーズは他にもAmazonプライムビデオで視聴ができるみたいなので、暇があったら他の作品も見たいと思う。

Amazonプライムビデオで「ジュラシック・ワールド」を見た感想

Amazonプライムビデオで「ジュラシック・ワールド」を見た。

1993年にスピルバーグ監督によって映画化された名作の第4作目で2015年公開の作品と言う事だが、1作目の「ジュラシック・パーク」は見た記憶があるが、2作目の「ロスト・ワールド」と3作目の「ジュラシック・パークIII」は見たことがあるかどうか記憶が定かでない。そんなんでもハリウッドの大作映画の事だから過去作を見て無くてもきっと楽しめるだろうと思って、とりあえずこの4作目を見てみる事にした。

1作目では「恐竜を現代によみがえらせるなんてすごく画期的な技術!」みたいな扱いだったが、4作目では比較的にありふれた技術となっていて観客の興味をひき続けるために遺伝子操作により新たな恐竜を生み出すなんて事に手を出してる。となるとハリウッド映画のお約束としてその遺伝子操作で生み出された恐竜が檻から逃げ出して犠牲者が大勢でるんだろうなと思っていたら、やっぱりその通りになった。

まあこれは古典的お約束というか、ここにツッコんでも何も始まらないので物語の展開をドキドキハラハラしながら見守るというよりは、最新技術で実現された恐竜の映像を楽しむようになってくる。まあそこしか褒めようがないのだが。ただその最新技術のCGで描かれる恐竜のシーンはとても迫力がある。特に終盤で巨大な恐竜2頭が格闘した上での結末なんかは非常に見ごたえがあった。

手放しで面白いと褒められるほどではないが、そこそこ面白かったのでAmazonプライムビデオで引き続き2作目と3作目も見てみようと思う。

Amazonプライムビデオで「天河伝説殺人事件」を見た感想

Amazonプライムビデオで「天河伝説殺人事件」を見た。1991年に公開された映画で監督は市川崑、名探偵「浅見光彦」が活躍する内田康夫の推理小説を映画化した作品だ。

私は推理小説が好きでかつて内田康夫の浅見光彦シリーズもたくさん読んだ。この「天河伝説殺人事件」も原作を読んだ事はあるが映画を見たのはこれが初めてかも知れない。1991年の映画という事で女性の太い眉毛やスーツの雰囲気、赤いスポーツカーなどバブルの香りが懐かしい。最近ではあまりみかけなくなった緑の公衆電話なども昭和の雰囲気を感じさせる。

また昔の映画ならではの事と思うが、演技が少し野暮ったい。いまでこそベテラン、名優と呼ばれる役者の演技があまり良くないのがかえって面白い。役者の演技というより脚本と演出のせいかも知れないがあまり洗練されてない感じが逆に良かったりする。主演の榎木孝明の二枚目半というか、いまいち垢ぬけないお坊ちゃん的な感じが特に浅見光彦のイメージぴったりで良い。

あまり洗練されてないといえば画面の美しさは格別だ。特に物語に深く関わる薪能のシーンは、現代と比べて画面のコントラストがあまりはっきりしてない分だけ生々しい雰囲気が伝わってきて印象深い。

ミステリーとしての話の本筋はまあそれほど盛り上がりはないというか、奈良の山里で繰り広げられる愛憎劇だが金田一耕助シリーズと比べるとグロテスクさというか人間の内面の毒々しさに欠けるというか、これといった悪役がいないのが致命的だった。

それでも全体としてAmazonプライムビデオで暇つぶしとして見るには上出来だったと思う。